先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX14830の評価キット Aug 03, 2012

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 電源動作:+3.3Vおよび+24V
  • IO-Linkマスタートランシーバ内蔵(MAX14824)
  • RS-485/RS-232マルチプロトコルトランシーバ内蔵(MAX3160E)
  • ユーザー指定のSPIおよびI²C対応信号用のPCBヘッダ
  • UART信号(J1)用のPCBヘッダ
  • 48ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm)のMAX14830を評価
  • RoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 航空機通信バス
  • 車載インフォテイメントシステム
  • 産業用制御システム
  • IO-Linkマスターコントローラ
  • 医療用システム
  • POS (Point of Sale)システム
  • プログラマブルロジックコントローラ(PLC)

説明

MAX14830の評価キット(EVキット)は、クワッドチャネル汎用非同期送受信機(UART) ICのMAX14830を評価するための実証済み設計を提供します。各UARTは、128ワードの受信/送信ファーストイン/ファーストアウト(FIFO)バッファを備えており、SPIまたはI²Cインタフェースを介して制御することができます。4つのUARTはそれぞれ、帯域内のSPI/I²Cアドレス指定によって選択されます。

4つのUARTはそれぞれ、IO-Link®マスタートランシーバ、またはRS-485/RS-232マルチプロトコルトランシーバとインタフェースすることができます。このEVキットは、IO-Linkマスタートランシーバ、RS-485/RS-232マルチプロトコルトランシーバを内蔵しており、双極/双投(DPDT)スイッチがIO-LinkとRS-485/RS-232トランシーバ間の選択に使用されます。

このEVキットは、+3.3Vおよび+24VのDC電源で動作し、各電源から100mAの電流を必要とします。このEVキットには、ユーザー指定のSPI/I²Cコントローラとソフトウェアが必要です。

このEVキットには、MAX14830ETM+が出荷時に実装されています。

技術資料

データシート MAX14830の評価キット Aug 03, 2012

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。