先頭に戻る

クワッドシリアルUART、128ワードFIFO内蔵

業界初、クワッドSPI/I²C UART

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for SPI/Microwire-Compatible UARTs
µP I/F SPI and I2C Compatible
# Channels 4
ICC (mA) (typ) 0.5
VSUPPLY (V) 2.35 to 3.6
Package/Pins TQFN/48
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
10.02
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for SPI/Microwire-Compatible UARTs
µP I/F SPI and I2C Compatible
# Channels 4
ICC (mA) (typ) 0.5
VSUPPLY (V) 2.35 to 3.6
Package/Pins TQFN/48
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
10.02

主な特長

  • SPI/MICROWIREまたはI2Cマイクロプロセッサバスと非同期インタフェース(RS-485、RS-232、またはIrDASMなど)間をブリッジ
    • SIRおよびMIR対応IrDAエンコーダ/デコーダ
    • ラインノイズ表示によってデータリンクの完全性を確保
  • 128ワードのディープバッファおよび自動制御機能によってマイクロコントローラ上のアクティビティをオフロード可能
    • 128ワード送信/受信FIFO (UART当り)
    • SPIコマンドによるトランスミッタ同期
    • アクティブローRTS_とアクティブローCTS_出力/入力を使用したハードウェアフローの自動制御
    • ソフトウェアフローの自動制御(XON/XOFF)
    • トランシーバ方向の自動制御
    • 設定可能なセットアップ/ホールド時間によるトランシーバ制御
    • トランスミッタの自動ディセーブル
    • ハーフデュプレックスエコー抑制
    • 9ビットマルチドロップモードデータフィルタリング
      • 特殊文字検出
      • GPIOベースの文字検出
      • GPIOに経路設定された4つのタイマー
      • 20mA駆動可能な16のフレキシブルなGPIO
  • 基板スペースを節約
    • TQFNパッケージ(7mm × 7mm)
  • 高速データレートによって全インタフェース規格でシステムの柔軟性を最大化
    • 16xサンプリングモードのデータレート:6Mbaud (max)
    • 2x/4xレートモードのデータレート:12/24Mbaud (max)
    • 高分解能の設定可能なボーレート
    • SPIのクロックレート:26MHz (max)
    • ファーストモードプラス(Pm+) I2C:1MHz (max)
  • 発振器の内蔵によって外部発振器を不要にしBOMコストを削減
    • フラクショナルボーレートジェネレータ、プリディバイダ、および位相ロックループ(PLL)
    • コントローラおよびトランシーバインタフェースのロジックレベル変換(最低1.61Vまで)によってシステム互換性を確保
    • MAX3107、MAX3108、MAX3109とレジスタ互換

アプリケーション/用途

  • 航空機通信バス
  • 産業用制御システム
  • IO-Linkマスターコントローラ
  • 医療用システム
  • POS (Point of Sale)システム
  • プログラマブルロジックコントローラ(PLC)

説明

MAX14830は、高度なクワッド汎用非同期送受信機(UART)です。各UARTは128ワードの受信/送信ファーストイン/ファーストアウト(FIFO)と高速シリアルペリフェラルインタフェース(SPI)またはI²Cコントローラインタフェースを備えています。PLLとフラクショナルボーレートジェネレータによって、ボーレートのプログラミングとリファレンスクロックの選択を高いレベルの柔軟性を持って行うことができます。

4つのUARTはそれぞれ、帯域内のSPI/I²Cアドレス指定によって選択されます。トランシーバおよびコントローラインタフェース上のロジックレベルトランスレーションによって、異なる電源電圧によって動作するマイクロコントローラ、FPGA、およびトランシーバと容易にインタフェースすることができます。

多くの機能が、ハーフデュープレックス通信アプリケーションのトランシーバ制御を簡素化しています。MAX14830は、SPIベースのトリガ機能によって、個別のUARTの送信の開始を同期させる能力を備えています。内蔵タイマーによって、トランスミッタ間の遅延のプログラミングや、GPIOのクロック生成が可能です。

128ワードFIFOは、高度なFIFO制御を備えており、ホストプロセッサのデータフロー管理を軽減します。

MAX14830は、48ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX14830:ファンクションダイアグラム MAX14830:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。