先頭に戻る

ワイヤードリモートコントローラ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート ワイヤードリモートコントローラ Aug 09, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 最大30種類のキーおよびジャックの着脱を検出
  • 32Ωまたは16Ωのヘッドフォンで動作
  • シンプルな抵抗およびスイッチアレイを使って、遠隔制御機能をデバイスに付加
  • 消費電流がわずか5µA (typ)の低電力動作
  • 標準的な2.5mmまたは3.5mmの4ピンヘッドフォンジャックで動作
  • ロックアウトキーに対するホールド機能をサポート
  • 100kHz/400kHzのI²Cインタフェース
  • 単一電源電圧範囲:1.6V~3.6V
  • ±15kVのESD保護(IEC 61000-4-2)

アプリケーション/用途

  • デジタルスチルカメラ
  • スライダ式、フリップ式、およびその他の携帯電話用キーボードエンコーダ
  • MP3、CD、DVDプレーヤー
  • マルチメディア対応携帯電話用マルチメディア制御
  • マルチメディアデスクトップスピーカ
  • PDAアクセサリキーボード
  • PDA
  • ポータブルゲームコンソール
  • ポータブルメディアプレーヤー

説明

ワイヤードリモートコントローラのMAX11041は、最大30種類のプッシュボタンをI²Cレジスタに変換入力します。低コストのプッシュボタンスイッチと1%の抵抗とを組み合わせると、MAX11041は単線インタフェースによる総合ソリューションになります。ワイヤードリモートコントローラは、4番目のコンタクトまたはオーディオ信号のいずれか1つを使って標準的な3.5mmのヘッドフォンジャックに容易にピギーバック接続することができます。

バッテリ寿命を保持するために、MAX11041はマイクロプロセッサ(µP)のポーリングなしでリアルタイムにキー操作を読み取り、消費電流はわずか5µA (typ)です。これらのデバイスは、キー操作の持続時間とともにデバウンスされたキー操作をI²Cインタフェースを通じてアプリケーションプロセッサに送出します。8ワードのFIFOバッファは最大4つのキー操作イベントを記録し、アプリケーションプロセッサがMAX11041に応答するための十分な時間を確保します。

MAX11041はFORCEおよびSENSE入力に±15kV ESD保護デバイスを内蔵し、外付けESDデバイスを必要とせずにIEC 61000-4-2に準拠します。

MAX11041は12ピンTQFNパッケージで提供されています。これらのデバイスは、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX11041、MAX11042:ファンクションダイアグラム MAX11041、MAX11042:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート ワイヤードリモートコントローラ Aug 09, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。