DS2483

シングルチャネル1-Wireマスター、可変タイミングおよびスリープモード内蔵

クラス最高レベルの高集積1-Wireラインドライバで、I²Cホストと1-Wireスレーブネットワーク間のプロトコル変換が容易


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

DS2483はI²Cと1-Wire®間のブリッジデバイスで、標準(100kHz max)または高速(400kHz max)のI²Cマスターと直接インタフェースし、I²Cマスターと任意のダウンストリーム1-Wireスレーブデバイスとの間でプロトコル変換を行います。接続されたすべての1-Wireスレーブデバイスに対して、DS2483は1-Wireマスターとなります。内蔵の、ユーザー調整が可能なタイマーは、時間の正確さが重要な1-Wireの波形の生成からシステムのホストプロセッサを解放し、標準およびオーバードライブの両方の1-Wire通信速度をサポートします。さらに、ソフトウェアの制御下で1-Wireバスをパワーダウンすることが可能です。デュアル電圧動作によって、I²C側と1-Wire側で異なる動作電圧を使用することができます。ストロングプルアップ機能は、EEPROMやセンサーなどの1-Wireデバイスへの1-Wire給電をサポートします。使用中以外は、DS2483をスリープモードにして消費電力を最小限に抑えることが可能です。
DS2483:標準アプリケーション回路 DS2483:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • I²Cホストインタフェースは100kHzおよび400kHzの I²C通信速度をサポート
  • 標準およびオーバードライブ1-Wire通信速度
  • 可変1-Wireタイミング(tRSTL、tMSP、tW0L、およびtREC0を調整が可能)
  • 1-Wireポートをソフトウェアの制御下でパワーダウン可能
  • 1-Wireポートがハイインピーダンスになる省電力スリープモードをサポート(SLPZ端子)
  • I²Cの動作電圧:1.8V ±5%、3.3V ±10%、および5.0V +5/-10%
  • レベルトランスレータ内蔵:1-Wireの動作電圧3.3V -10%~5.0V +5%、I²C電圧と個別
  • IO端子に±8kVヒューマンボディモデル(HBM)接触放電のESD保護レベルを内蔵
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃
  • 8ピンTDFNおよび6ピンSOT23パッケージ

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 産業用センサー
  • 医療用機器
  • プリンタ

DS2483K: DS2483の評価システム

CAD Symbols and Footprints

  • DS2483Q+T
  • DS2483Q+U
  • DS2483R+U
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID タイトル
    評価ボード7768DS2483K DS2483の評価システム