DS2505

16Kbアドオンリーメモリ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

16KbアドオンリーメモリのDS2505は、このデバイスが関わる製品の関連情報を識別して保存します。このロットまたは製品固有の情報は、マイクロコントローラの単一ポート端子など、最小限のインタフェースによってアクセスすることができます。DS2505は、固有の48ビットシリアル番号、8ビットCRC、および8ビットファミリコード(0BH)からなる出荷時にレーザで書き込まれた登録番号ならびに16KbのユーザプログラマブルEPROMから構成されます。DS2505のプログラミングと読取りに必要な電源はすべて1-Wire®通信ラインから供給されます。データは、1本のデータラインとグランドリターンのみを必要とする1-Wireプロトコルによってシリアルに伝送されます。デバイス全体はプログラムすることができ、また必要に応じて書込み保護が可能です。別の方法として、デバイスは、新たなデータを既存のデータに追加して何度でもプログラムすることができますが、デバイスの後続の各プログラミングでは既存のデータを上書きすることはできません。 注:個々のビットは、ロジック1からロジック0にのみ変更することができますが、ロジック0からロジック1に変更することはできません。データのある1ページまたは複数のページのデータが、もはや正しくなくなっており、新しい、または更新されたデータで置き換えられて代替のページアドレスに保持されていることを示す手段も用意されています。ソフトウェアは、このページアドレスを再配置することによって、データのパッチを可能とし、スタンドアロンデータベースとしてのデバイスの柔軟性を高めることができます。出荷時に各DS2505にレーザで書き込まれた48ビットのシリアル番号は、固有の識別機能を保証しており、これによって絶対追跡を可能とします。TO-92またはTSOCパッケージは小型のエンクロージャであり、標準の組立て装置を使ってデバイスのPCBへの実装や配線を容易に行うことができます。標準アプリケーションとして、較正定数の保存、保守レコード、資産追跡管理、製品改訂状況、およびアクセスコードが挙げられます。
DS2505:ブロックダイアグラム DS2505:ブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 16384ビットの電気的にプログラム可能な読取り専用メモリ(EPROM)と信号1本とグランドによる安価なインタフェースを使って通信可能
  • 出荷時レーザを使って書き込まれた試験済みの、固有の64ビット登録番号(8 ビットファミリコード+ 48ビットシリアル番号+ 8 ビットCRCテスタ)によって同一登録番号がないため、絶対追跡が可能
  • 内蔵のマルチドロップコントローラが他の1-Wireネットワーク製品とのコンパチビリティを保証
  • ランダムにアクセス可能なパケット化データレコードとするために64 x 256ビットページに分割されたEPROM
  • 不正書換えを防ぐために各メモリページの恒久的な書込み保護が可能
  • デバイスは、書込み済みのデータに影響を及ぼすことなく追加データをEPROMにプログラムすることが可能な「アドオンリー」メモリ
  • 古いページを新たにプログラムされたページで置き換えることによってデータをパッチすることが可能なソフトウエアアーキテクチュア
  • 制御、アドレス、データ、電源、およびプログラミング信号を単一データ端子に統合
  • マイクロプロセッサの単一ポート端子に直接接続して最高16.3kbpsで通信
  • 8ビットファミリコードが読取り装置に対してDS2505の通信要件を規定
  • 読取り装置が初めて電圧を印加したことをプレゼンス検出器が応答
  • 低コストTO-92、または6ピンTSOC表面実装型パッケージ
  • 2.8V~6.0V (-40℃~+85℃)の広い電圧範囲で読取り可能、11.5V~12.0V (-40℃~+50℃)でプログラミング
Part NumberMemory TypeMemory SizeBus TypeVSUPPLY
(V)
VSUPPLY
(V)
Package/PinsBudgetary
Price
minmaxSee Notes
DS2505 EPROM16K x 11-Wire2.86
TO92/3
TSOC/6
$1.49 @1k
全Memory (EPROM, EEPROM, ROM, NV SRAM) (52)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。


DS9481R-3C7: USB-1-Wire/iButton 3.3Vアダプタ

技術資料

アプリケーションノート 5507 合成可能1-Wire®バスマスターのDS1WMについて理解する
チュートリアル 5403 1-Wire®評価キットの構成方法
チュートリアル 5026 過電圧への暴露からの5V 1-Wire®スレーブを保護
アプリケーションノート 3989 ひとつの接点で制御とメモリ、セキュリティ、ミックスドシグナル機能を追加
アプリケーションノート 2965 1-Wireマスターデバイスの構成
アプリケーションノート 1100 白書5:データシートコマンドに対する1-Wire APIの使用
アプリケーションノート 1097 白書2:1-Wire®パブリックドメインキットの使用
リファレンス回路図 244 高度1-Wireネットワークドライバ
アプリケーションノート 192 シリアル1-Wire®ラインドライバDS2480Bの使用
アプリケーションノート 187 1-Wire 検索アルゴリズム
アプリケーションノート 178 1-Wire®製品によるプリント回路基板の識別
アプリケーションノート 155 1-Wireソフトウェアリソースガイドデバイス解説
アプリケーションノート 126 ソフトウェアを介した1-Wire通信
アプリケーションノート 114 1-Wire File Structure
アプリケーションノート 74 Reading and Writing 1-Wire® Devices Through Serial Interfaces
アプリケーションノート 27 マキシムの1-WireおよびiButton製品に用いる巡回冗長検査(CRC)の理解と用法

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: DS2505.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

その他リソース

センサ較正 (English only)

CAD Symbols and Footprints

  • DS2505+
  • DS2505+T&R
  • DS2505P+
  • DS2505P+T&R
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID PDF タイトル
    アプリケーションノート 5507 合成可能1-Wire®バスマスターのDS1WMについて理解する
    チュートリアル 5403 1-Wire®評価キットの構成方法
    チュートリアル 5026 過電圧への暴露からの5V 1-Wire®スレーブを保護
    アプリケーションノート 3989 ひとつの接点で制御とメモリ、セキュリティ、ミックスドシグナル機能を追加
    アプリケーションノート 2965 1-Wireマスターデバイスの構成
    アプリケーションノート 1100 白書5:データシートコマンドに対する1-Wire APIの使用
    アプリケーションノート 1097 白書2:1-Wire®パブリックドメインキットの使用
    リファレンス回路図 244 高度1-Wireネットワークドライバ
    アプリケーションノート 192 シリアル1-Wire®ラインドライバDS2480Bの使用
    アプリケーションノート 187 1-Wire 検索アルゴリズム
    アプリケーションノート 178 1-Wire®製品によるプリント回路基板の識別
    アプリケーションノート 155 1-Wireソフトウェアリソースガイドデバイス解説
    アプリケーションノート 126 ソフトウェアを介した1-Wire通信
    アプリケーションノート 114 1-Wire File Structure
    アプリケーションノート 74 Reading and Writing 1-Wire® Devices Through Serial Interfaces
    アプリケーションノート 27 マキシムの1-WireおよびiButton製品に用いる巡回冗長検査(CRC)の理解と用法