1-Wireソフトウェア公認SDK

1-Wire®ソフトウェア公認キットは、ソフトウェアプログラムのセキュリティ確保に役立ち、ライセンス管理およびユーザー検証サービスを提供するように特に設計されたソフトウェア開発キット(SDK)です。このSDKには、人気の高い1-Wireパブリックドメインキットのソフトウェアライブラリ上にビルドされたソフトウェア公認ライブラリが含まれており、完全なアプリケーションプログラミングインタフェース(API)を提供します。このソフトウェア公認ライブラリは、アプリケーション開発者のカスタムソフトウェアに統合し、それとともに配布することが可能です。このライブラリは、iButton®と通信し、特定のエンドユーザーおよび/または正当なソフトウェアライセンスを表すハードウェアトークンとしてiButtonを認証する認証サービスを提供することによって、不正使用やソフトウェア著作権侵害から保護します。いくつかの1-Wireアダプタ、USBポート(DS9490B)、パラレルポート(DS1410E)、またはシリアルポート(DS1411)を適切なiButtonと組み合わせて使用することによって、ソフトウェアのセキュリティを確保することができます(これはセキュリティドングルとも呼ばれます)。

このSDKには、各種iButtonデバイスとソフトウェアライブラリを組み合わせて使用する方法を示すソースコードを備えたプログラム例がいくつか含まれています。SDKのダウンロードには、32ビットのWindows Vista®、Windows® XP、およびWindows Server 2003用にプログラム例がビルドされたものと、64ビットのWindows Vista x64、 Windows XP x64、およびWindows Server 2003 x64用にビルドされたものの2つのバージョンがあります。しかし、このSDKは1-Wireパブリックドメインキットがサポートする任意のプラットフォーム用に(必要なリンクファイルを使用して)ビルドすることができます。

バージョン3.11ベータ2をダウンロード

バージョン2.00をダウンロード

ソフトウェア公認APIは、可能な限り最も簡素な使用方法に基づき、既存のソフトウェアコードへの統合が容易になるように設計されています。このAPIは、3つの主なサービスを提供します。

  • デバイスの初期化
  • デバイスの認証
  • デバイスのクリア(デバイスはシステムの正当な一部ではなくなります)
ソフトウェア公認セキュリティハードウェア
バージョン2.00の新機能
1-Wireソフトウェア公認SDKの内容