Java SDK用1-Wire API

Java Software Development Kit (SDK)用1-Wire® APIは、Javaで1-Wireアプリケーションを構築するための堅牢な、非常にオブジェクト指向の基盤です。このSDKを使うと、プログラマは移植性の高い、クロスプラットフォームなソフトウェアを開発し、製品の市場投入までの時間を短縮することができます。

このAPIは、多数のJavaのクラスおよびインタフェースで構成されています。DSPortAdapterクラスとOneWireContainerクラスの、2つの特別なクラスに注意してください。DSPortAdapterクラスは、物理的な1-WireアダプタまたはTCP/IPネットワークを介した仮想1-Wireアダプタを表します。OneWireContainerクラス(たとえば、コンテナ)は、iButtonなどの、特定の1-Wireデバイスに対応します。このAPIは34の異なるコンテナタイプを備え、ほとんどの1-Wireデバイスを表します。各コンテナは、個々のデバイスの機能をカプセル化および実装しています。最新のJava SDK用1-Wire APIをダウンロードするには、下記のリンクをご覧ください。

バージョン1.2をダウンロード(DS1925対応)

補足資料をダウンロード(64ビットJNI対応!)

バージョン1.2の新要素

下記のリストは、Java用1-Wire APIに対する最も重要な追加要素を示しています。

OneWireAPI (新しいクラス)
OneWireViewer (新しいビューア)
OneWireContainer53 (DS1925コンテナ)のハイライト