先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/products/ibutton-one-wire/one-wire/rack-card-calibration-and-control

サーバモジュールの監視による効率の向上とダウンタイムの削減

モジュールベースのラックまたはシャーシシステムのコントローラは、多くの場合、装着されたカードの識別、温度などの主要な数値の監視、およびユニットの活線挿抜のトラッキングを行う必要があります。1-Wire®メモリ、I/O、および温度センサー製品は、システム内の各モジュールに固有IDを提供し、共通の1-Wire接続上で全デバイスの問い合わせを可能にすることによってこの問題を解決します。

1-Wire製品の利点

  • バックプレーンコネクタの複雑性を最小限に低減
  • 動作電力を完全に1-Wireラインから1本のツイストペア上で供給
  • 自動モジュール検出によってシステムの活線挿抜が可能
  • 広い動作範囲:+2.8V~+5.25V、-40℃~+85℃
  • 出荷時レーザ書込みされた64ビットROM IDによって各部品を個別に識別
  • 1-Wireラインドライバによってホストソフトウェアから1-Wire通信の負荷を軽減

ラック/ブレードサーバ用1-Wireデバイス

技術資料

*必須

Technical Documentation

技術資料

表示: 10 / 表示トップ 100 結果 全て表示 結果

型番 タイトル ドキュメントの種類 日付

在庫および資産トラッキング
個々のモジュールに1-WireメモリICを組み込むことによって、サーバラックまたはブレードシステム全体の在庫管理が可能になります。手作業による資産トラッキングと在庫カウントに伴う時間と労力のコストを削減することができます。1-Wire EEPROMデバイスは、ユーザーメモリおよび固有のROM ID (シリアルナンバー)を内蔵しています。

診断
1-Wireアドレス指定可能EEPROMデバイスによって、マスターはモジュールのシーケンスおよび物理的位置を決定することができます。これらの1-Wireデバイスは、以下の目的に使用可能です。

  • 再起動またはその他のサービスを必要とする機器の誤識別の排除
  • 使用中および利用可能なラックスペースの識別およびラックの再設定の効率向上

セキュリティ
資産の移動または除去が行われた場合にアラートを発生することによって、データセンターのセキュリティが向上します。これは1-WireシリアルEEPROMデバイスに最適なアプリケーションです。

セキュリティをさらに一歩向上させるため、各モジュールにDeepCoverセキュア認証用ICを組み込み、セキュア認証を提供することで、モジュールが純正OEMであることを確保します。

温度
シーケンス検出およびPIOを備えた1-Wireデジタルサーモメータによって、在庫の温度状態をリアルタイムで監視することができます。

  • シーケンス検出によって、モジュールの物理的位置を決定
  • PIOによって、機器の停止やオーバーヒートなどの問題が発生した場合にインジケータLEDに給電

アプリケーションノート: