先頭に戻る

EEPROM内蔵SHA-1コプロセッサ

EEPROM内蔵SHA-1コプロセッサ

製品詳細

EEPROMを内蔵したSHA-1コプロセッサのDS2460はISO/IEC 10118-3セキュアハッシュアルゴリズム(SHA-1)のハードウェア実装製品であるため、SHAデバイスの認証とディジタル署名サービスのデータ検証に必要とされる複雑なSHA計算を行うソフトウェアを開発する必要がありません。DS2460は一般的なI²Cインタフェースでマイクロコントローラとの通信を行います。アプリケーションには、アクセス制御のホスト、トークン認証用電子決済システム、サービスデータ検証、20バイトであるSHA-1結果の長さを超えないショートメッセージの暗号化と復号化用の1度しか使わない暗号キーの生成などがあります。

主な機能

  • SHA-1 MACを生成する専用ハードウェア加速SHAエンジン
  • エンド機器のプロパティデータを保存するための112バイトのユーザEEPROM
  • 100kHzおよび400kHzの通信速度に対応したI²Cホストインタフェース
  • I²Cアドレス割当て用の3つのアドレス入力
  • シングルバイトから8バイトのEEPROM書込みシーケンス
  • 64ビットの固有の登録番号
  • EEPROM耐性:8バイトブロック当り20万サイクル(25℃)
  • 10ms (max)のEEPROM書込みサイクル
  • 広い動作範囲:2.7V~5.5V、-40℃~+85℃
  • 全ピンに対して±4kVのIEC 1000-4-2 ESD保護レベル
  • 8ピンSO (150mil)パッケージ

アプリケーション/用途

  • クローン防止
  • ドアロック
  • ライセンス管理
  • セキュア機能の制御
  • システム認証
  • ユーティリティメータ
Parametric specs for All Memory Devices
Memory Type EEPROM
Memory Size 112 Bytes
Bus Type 2-Wire
I2C
VSUPPLY (V) (min) 2.7
VSUPPLY (V) (max) 5.5
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
$1.32 @1k
View More

技術資料

設計開発

可能な場合は、下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

説明

このセキュア認証スタータキットは、マキシムのSHA-1ベースのセキュア認証製品を使用する組込みアプリケーションの開発、ラボ試験、および検証用の高度なプログラムが可能なハードウェア/ソフトウェアシステムです。このシステムは、ホスト側のSHA-1計算と、マキシムの1-Wire®やI²CベースのSHA-1スレーブICとの関連するホスト通信の両方を検証および開発するための多数のオプションをサポートしています。ホストSHA-1計算の開発については、マキシムのDS2460による固定関数処理、MicrochipのPIC18F4550によるマイクロコントローラ(FC)ベース、およびXilinx Spartan®-3A XC3S400A FPGAとともに使用されるマキシムが開発したSHA-1 Verilog実装(DSSHA1)など、多数のオプションがサポートされています。同様に、マキシムのSHA-1スレーブとのホストインタフェースの開発能力についても、I²C-1-WireラインドライバのMaxim DS2482-100、PIC18F4550による1-Wire波形のソフトウェア生成、およびXilinx FPGAによるVerilog実装(DS1WM)など、多数のオプションがサポートされています。このEVキットは、スタンドアロンで使用することも、RS-232またはUSBインタフェースを介してPCで制御することもできます。マイクロコントローラソフトウェアをインストールし、インサーキットデバッガポートを介して試験することができます。JTAGポートを使用し、標準Xilinx開発ツールからFPGAプログラミングを変更することができます。拡張ポート(マイクロコントローラの場合は40ピン、FPGAの場合は120ピン)によって、このボードを複雑な設計用の開発プラットフォームにすることもできます。
無料のソフトウェア/ファームウェアが入手可能です。請求先:https://support.maximintegrated.com/1-Wire (English only)

詳細を見る

特徴

  • マキシムのSHA-1製品を使用するアプリケーション用の完全な開発システム
  • スタータキットボードにマキシムのDS2460、DS2482-100、DS28CN01、およびDS28E01デバイスを搭載し迅速な開発を実現
  • 拡張ポートによって、その他/将来のマキシムSHA-1認証用ICをサポート
  • PIC18F4550 µCとXilinx XC3S400A FPGAによる組込みホスト開発オプションをサポート
  • RS-232およびUSB 2.0によるPC接続
  • シングルリボンケーブルでJTAGコネクタをXilinxプラットフォームに結合
  • FPGA用の120ピン拡張ポート
  • PIC18F4550用のインサーキットデバッガポート
  • PIC18F4550周辺装置用の40ピン拡張ポート
  • I²Cおよび1-Wireバス用の拡張ポート
  • µCまたはFPGAをI²Cマスターとしてジャンパ設定可能
  • µC、FPGA、DS2482-100、または外付け1-Wireバスマスターをジャンパ設定可能
  • 6つの汎用プッシュボタンおよびインジケータLED
  • パワーおよびFPGAの負荷完了を示すLEDインジケータ
  • NDAによる無料の評価ソフトウェアが入手可能

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.

パラメーター

主な機能

  • SHA-1 MACを生成する専用ハードウェア加速SHAエンジン
  • エンド機器のプロパティデータを保存するための112バイトのユーザEEPROM
  • 100kHzおよび400kHzの通信速度に対応したI²Cホストインタフェース
  • I²Cアドレス割当て用の3つのアドレス入力
  • シングルバイトから8バイトのEEPROM書込みシーケンス
  • 64ビットの固有の登録番号
  • EEPROM耐性:8バイトブロック当り20万サイクル(25℃)
  • 10ms (max)のEEPROM書込みサイクル
  • 広い動作範囲:2.7V~5.5V、-40℃~+85℃
  • 全ピンに対して±4kVのIEC 1000-4-2 ESD保護レベル
  • 8ピンSO (150mil)パッケージ

アプリケーション/用途

  • クローン防止
  • ドアロック
  • ライセンス管理
  • セキュア機能の制御
  • システム認証
  • ユーティリティメータ

説明

EEPROMを内蔵したSHA-1コプロセッサのDS2460はISO/IEC 10118-3セキュアハッシュアルゴリズム(SHA-1)のハードウェア実装製品であるため、SHAデバイスの認証とディジタル署名サービスのデータ検証に必要とされる複雑なSHA計算を行うソフトウェアを開発する必要がありません。DS2460は一般的なI²Cインタフェースでマイクロコントローラとの通信を行います。アプリケーションには、アクセス制御のホスト、トークン認証用電子決済システム、サービスデータ検証、20バイトであるSHA-1結果の長さを超えないショートメッセージの暗号化と復号化用の1度しか使わない暗号キーの生成などがあります。

技術資料

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.