先頭に戻る

SHA-256を備えたDeepCoverセキュア認証iButton

世界水準のセキュリティをステンレスケースに実装し高耐久性のセキュア認証を実現

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Secure Authenticators
Crypto Engine Symmetric
End Equipment Access Control
Asset Tracking
IP Protection
Identification Systems
Medical Consumable ID
Secure Access Control
Bus Type 1-Wire
Memory Type EEPROM
Memory Size 512 bits
Deep Cover Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins CAN/2
Budgetary
Price (See Notes)
2.67
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート SHA-256を備えたDeepCoverセキュア認証iButton Sep 06, 2018
アプリケーションノート Back to Basics: Secure Hash Algorithms | Maxim Integrated
チュートリアル Guide to 1-Wire Communication | Maxim Integrated
アプリケーションノート iButtonデバイスとは
カタログ iButtonデータロガー

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。

パラメーター

Parametric specs for Secure Authenticators
Crypto Engine Symmetric
End Equipment Access Control
Asset Tracking
IP Protection
Identification Systems
Medical Consumable ID
Secure Access Control
Bus Type 1-Wire
Memory Type EEPROM
Memory Size 512 bits
Deep Cover Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins CAN/2
Budgetary
Price (See Notes)
2.67

主な特長

  • SHA-256に基づく対称鍵ベースの双方向セキュア認証モデル
  • 高ビット数、ユーザー設定可能なシークレット、および入力チャレンジを使用した強力な認証
  • 256ビット x 2ページに分割された512ビットのユーザーEEPROM
  • 書込み/読取り保護、およびOTP/EPROMエミュレーションを含む、ユーザー設定可能で不可逆なEEPROMの保護モード
  • 固有の、出荷時設定される64ビットID番号
  • 単一接点1-Wireインタフェース
  • 動作範囲:-40℃~+85℃
  • ESD保護:±8kV HBM (typ)
  • 過酷な環境や条件に耐える耐久性の高いステンレススチール筐体

アプリケーション/用途

  • 消耗品の認証
  • セキュア機能の制御

説明

DeepCover®エンベデッドセキュリティソリューションは、複数層の高度な物理セキュリティによって機密データを秘匿し、可能な限り最もセキュアなキーストレージを提供します。Deepcoverセキュア認証用iButton® (DS1964S)は、高い暗号強度、双方向性、セキュリティを備えたチャレンジ&レスポンス認証機能と、FIPS 180-3で規定されたセキュアハッシュアルゴリズム(SHA-256)に基づく実装を組み合わせています。512ビットのユーザー設定可能なEEPROMアレイはアプリケーションデータの不揮発性ストレージを提供します。その他の保護されたメモリにはSHA-256処理用の読取り保護されたシークレットおよびメモリ保護制御用の設定が保持されます。各デバイスは、出荷時にチップにプログラムされる保証された固有の64ビットROM識別番号(ROM ID)を備えています。この固有のROM IDは暗号演算の基本的入力パラメータとして使用され、アプリケーション内で電子的シリアルナンバーとして機能します。双方向のセキュリティモデルによって、ホストシステムとスレーブに内蔵されたDS1964Sの間での双方向の認証が可能です。スレーブからホストへの認証は、接続または内蔵されたDS1964Sの正当性をセキュアな形で検証するために、ホストシステムによって使用されます。DS1964Sは単一接点の1-Wire® バス上で、オーバードライブ速度で通信を行います。通信は1-Wireプロトコルに従い、複数デバイスの1-Wireネットワークの場合はROM IDがノードアドレスの役割を果たします。

簡易ブロック図

DS1964S:ブロックダイアグラム DS1964S:ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

データシート SHA-256を備えたDeepCoverセキュア認証iButton Sep 06, 2018
アプリケーションノート Back to Basics: Secure Hash Algorithms | Maxim Integrated
チュートリアル Guide to 1-Wire Communication | Maxim Integrated
アプリケーションノート iButtonデバイスとは
カタログ iButtonデータロガー

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。