先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/products/ibutton-one-wire/data-loggers

温度および湿度データロガーは、医薬/生命科学コールドチェーン流通、生鮮食品流通、プロセス監視、環境監視、およびオートクレーブ温度データロギングなどの、特定のアプリケーションで使用するために設計されています。各デバイスは設定可能で、長年にわたる再設定と使用が可能です。

iButton®データロガーは、耐久性の高いパッケージに実装されたモジュールで、マキシムの1-Wire通信プロトコルによって強化されています。iButton Thermochron®温度データロガーは、重要な資産の温度データの監視とログを簡素化/低コスト化し、製造プロセス、滅菌サイクル、またはコールドチェーン流通の全体にわたる完全性の確保に役立ちます。

温度と湿度の両方が重要なアプリケーションの場合は、iButton Hygrochronデータロガーが温度と湿度の両データを時間の関数として記録および通知します。

マキシムのUSB温度データロガーは、非常に低温の環境で温度を記録するための外部サーミスタプローブを備えています。また、このロガーは周囲温度の記録も可能で、最終目的地まで資産の完全性を維持するためにコールドチェーンの温度データが最重要となる生命科学アプリケーションに最適です。

参照

今すぐ開始する:Thermochron iButtonスタータキット

ブログ

もっと見る

DS1922F オートクレーブ滅菌機器用のデジタル滅菌モニタ

DS1922Fは、オートクレーブ滅菌器のリアルタイムデジタル表示およびデータ記録のための完全なソリューションです。 このデバイスは、オートクレーブ滅菌サイクル中に適用された温度プロファイルの監...
  • オートクレーブ滅菌の時間および温度を検証
    • 温度と時間の読取り値を自動的に測定および保存
    • サイクルが失敗した場合、障害が発生した時刻を表示
    • サイクルが失敗した場合、障害の理由とオートクレーブが達した最大温度を表示
    • 過酷なオートクレーブ滅菌サイクルに対応
  • 印刷および紙のログ帳簿を不要にすることによって記録を簡素化
    • コンパニオンPCソフトウェアを使用する設定可能な動作および結果のアップロード
    • PCソフトウェアはタンパー、変更、および偽造データの追加を安全に防止
  • 較正済みで使いやすい
    • NISTトレーサブル標準器に対して較正済み
    • あらゆる蒸気滅菌オートクレーブサイクル時間に対応、最大温度+140℃
    • 交換までの使用回数:150回(typ)
  • 生物学的インジケータを補助
    • スポアテストの結果が出るまでの即時的な代用インジケータとしてDS1922Fを使用

MAX66960 外部サーミスタプローブを備えた-80℃温度データロガー

MAX66960は、ドライアイスを冷却剤として使用する筐体の周囲温度の監視とログに最適な温度データロガーです。このデバイスは、サーミスタベースの温度プローブが固定接続された高精度ロギングモジュ...
  • ストレージ温度プロファイルの高品質な評価を提供
    • 16ビット温度測定値、タイムスタンプを備えた65,536の値を保存可能
    • 長時間の発送を短時間の間隔で監視およびデータログ可能な柔軟性
    • 堅牢なIP42構造によって過酷な環境に対応
    • EN 61326-1のCE EMC指令に適合
    • RTCA/DO-160Gに従って航空機内で使用するポータブル電子機器として試験済み
  • 非常に設定自由度の高いデータロギングとセキュリティのオプション
    • 特定の発送条件向けにロガーの動作を最適化
    • 設定およびデータを不正な変更から保護
  • ミッションのロギングの開始/停止が容易
    • 制御および状態表示のためのプッシュボタンとLED
    • ロガーおよびバッテリ状態の視覚表示