先頭に戻る

4KBセキュアメモリ、タンパー保護内蔵、ネットワークサーバアプリケーション用

暗号鍵メモリを備えた高度物理セキュリティを内蔵したシングルチップソリューション

製品の詳細

DeepCover®エンベデッドセキュリティソリューションは、機密データを高度物理セキュリティの複数レイヤ下に隠し、最もセキュアなキーストレージを実現します。

DeepCoverセキュリティマネージャ(DS3645)は、暗号化プロセッサおよびデータセキュリティ機器において機密データの安全な保存、および物理的なタンパー検出応答機能を必要とするアプリケーション用、4096バイトSRAM内蔵、セキュア監視回路です。

DS3645の主な特長の1つとして内蔵の暗号鍵メモリがあり、高速、直接消去機能を備えた32の128バイトバンクで構成されています。4KBの鍵メモリは、メモリのインプリントを回避するために常時バックグランドで補完されます。タンパーイベントと判断された場合、鍵メモリは高速に消去され、負のバイアスを印加しDS3645の外部のSRAMも消去します。

このデバイスは、リアルタイムの秒カウンタ、ウォッチドッグタイマ、CPU監視回路、不揮発性(NV) SRAMコントローラ、および温度センサを内蔵しています。一次電源の障害時には、外部バッテリ源が自動的にオンに切り替わり、鍵メモリ、秒カウンタ、およびタンパー検出回路をアクティブに維持します。DS3645は、外付けセンサ、インターロック、およびアンチタンパーメッシュとのインタフェース用の低リークのタンパー検出入力を提供します。またDS3645は、バックアップバッテリが指定スレッショルドまたは絶対温度を下回るか、温度変化率が設定された制限を上回るか、または水晶発振器の周波数が仕様の範囲から逸脱すると、タンパーイベントを始動させます。タンパーイベントは以降のデバッグ用にラッチされタイムスタンプされます。

秒カウンタ、タンパー監視、鍵メモリ、およびデバイス構成へのアクセスは、I²C対応インタフェースを通じて行われます。DS3645はCSBGAパッケージで提供され、リードがパッケージの外縁に露出していないため、鍵のセキュリティを高めています。

主な機能

  • 高速消去されるインプリントのない4096バイト鍵メモリ
  • タンパーイベントと判断された場合の外部SRAM消去のオプション
  • 汎用RAM:64バイト(消去不可)
  • 32ビット秒カウンタ
  • ウォッチドッグタイマ
  • CPU監視回路
  • 4つの汎用タンパー検出コンパレータ
  • オンチップ基準電圧を備えた4つのウィンドウコンパレータ
  • 2つのタンパー検出ロジック入力
  • 独自の変化率検出器を備えた設定可能な温度センサ内蔵
  • 乱数発生器(RNG)内蔵
  • タンパーイベントのラッチおよびタイムスタンプ
  • 水晶発振器タンパー監視
  • 低消費電力
  • 広い温度範囲:-55℃~+95℃
  • リードが外縁に露出しないCSBGAパッケージ(7mm x 7mm x 0.8mm)
  • I²C対応インタフェース

アプリケーション/用途

  • アラームシステム
  • ゲーム
  • ITセキュリティ
  • POS端末
  • ルータ/スイッチ
Parametric specs for Security Managers
# Analog Voltages Monitored 12
# Digital Inputs Monitored 4
Internal Key Memory (Bytes) 4096
Deep Cover Yes
Package/Pins CSBGA/49
Oper. Temp. (°C) -55 to +95
全て表示する

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Security Managers
# Analog Voltages Monitored 12
# Digital Inputs Monitored 4
Internal Key Memory (Bytes) 4096
Deep Cover Yes
Package/Pins CSBGA/49
Oper. Temp. (°C) -55 to +95

主な機能

  • 高速消去されるインプリントのない4096バイト鍵メモリ
  • タンパーイベントと判断された場合の外部SRAM消去のオプション
  • 汎用RAM:64バイト(消去不可)
  • 32ビット秒カウンタ
  • ウォッチドッグタイマ
  • CPU監視回路
  • 4つの汎用タンパー検出コンパレータ
  • オンチップ基準電圧を備えた4つのウィンドウコンパレータ
  • 2つのタンパー検出ロジック入力
  • 独自の変化率検出器を備えた設定可能な温度センサ内蔵
  • 乱数発生器(RNG)内蔵
  • タンパーイベントのラッチおよびタイムスタンプ
  • 水晶発振器タンパー監視
  • 低消費電力
  • 広い温度範囲:-55℃~+95℃
  • リードが外縁に露出しないCSBGAパッケージ(7mm x 7mm x 0.8mm)
  • I²C対応インタフェース

アプリケーション/用途

  • アラームシステム
  • ゲーム
  • ITセキュリティ
  • POS端末
  • ルータ/スイッチ

説明

DeepCover®エンベデッドセキュリティソリューションは、機密データを高度物理セキュリティの複数レイヤ下に隠し、最もセキュアなキーストレージを実現します。

DeepCoverセキュリティマネージャ(DS3645)は、暗号化プロセッサおよびデータセキュリティ機器において機密データの安全な保存、および物理的なタンパー検出応答機能を必要とするアプリケーション用、4096バイトSRAM内蔵、セキュア監視回路です。

DS3645の主な特長の1つとして内蔵の暗号鍵メモリがあり、高速、直接消去機能を備えた32の128バイトバンクで構成されています。4KBの鍵メモリは、メモリのインプリントを回避するために常時バックグランドで補完されます。タンパーイベントと判断された場合、鍵メモリは高速に消去され、負のバイアスを印加しDS3645の外部のSRAMも消去します。

このデバイスは、リアルタイムの秒カウンタ、ウォッチドッグタイマ、CPU監視回路、不揮発性(NV) SRAMコントローラ、および温度センサを内蔵しています。一次電源の障害時には、外部バッテリ源が自動的にオンに切り替わり、鍵メモリ、秒カウンタ、およびタンパー検出回路をアクティブに維持します。DS3645は、外付けセンサ、インターロック、およびアンチタンパーメッシュとのインタフェース用の低リークのタンパー検出入力を提供します。またDS3645は、バックアップバッテリが指定スレッショルドまたは絶対温度を下回るか、温度変化率が設定された制限を上回るか、または水晶発振器の周波数が仕様の範囲から逸脱すると、タンパーイベントを始動させます。タンパーイベントは以降のデバッグ用にラッチされタイムスタンプされます。

秒カウンタ、タンパー監視、鍵メモリ、およびデバイス構成へのアクセスは、I²C対応インタフェースを通じて行われます。DS3645はCSBGAパッケージで提供され、リードがパッケージの外縁に露出していないため、鍵のセキュリティを高めています。

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。