先頭に戻る

DeepCoverセキュア認証用IC、ISO 15693、I2C、SHA-256、および4KbユーザーEEPROM内蔵

業界初、I2Cマスターポートを備えたSHA-256対称鍵ベース認証用IC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for NFC/RFID Products
Protocol ISO15693
Functions Tag
End Equipment Access Control
Asset Tracking
Electronic Access Control
IP Protection
Medical Sensor Authentication and Calibration
Printer Cartridge Configuration and Monitoring
System Intellectual Property Protection
Memory Type EEPROM
Memory Size 4K bits
4K x 1
Security Features SHA-256
Write-Only Secrets
Oper. Temp. (°C) -20 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
TDFN/10
Budgetary
Price (See Notes)
0
Parametric specs for Secure Authenticators
Crypto Engine Symmetric
Bus Type I2C
ISO 15693
Deep Cover Yes
Package/Pins SOIC (N)/8
TDFN/10
Budgetary
Price (See Notes)
0
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for NFC/RFID Products
Protocol ISO15693
Functions Tag
End Equipment Access Control
Asset Tracking
Electronic Access Control
IP Protection
Medical Sensor Authentication and Calibration
Printer Cartridge Configuration and Monitoring
System Intellectual Property Protection
Memory Type EEPROM
Memory Size 4K bits
4K x 1
Security Features SHA-256
Write-Only Secrets
Oper. Temp. (°C) -20 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
TDFN/10
Budgetary
Price (See Notes)
0
Parametric specs for Secure Authenticators
Crypto Engine Symmetric
Bus Type I2C
ISO 15693
Deep Cover Yes
Package/Pins SOIC (N)/8
TDFN/10
Budgetary
Price (See Notes)
0

主な特長

  • 完全な偽造/クローン作成/IP保護エンジン
    • SHA-256エンジンによって対称鍵ベースの双方向セキュア認証を実行
    • 高ビット数、ユーザー設定可能なシークレット、および入力チャレンジを使用した強力な認証
    • バッテリレスRF通信
    • ユーザー設定可能なメモリを備えた4096ビットユーザーEEPROM
    • OTP/EPROMエミュレーションモードを含むメモリR/W保護オプション
    • 出荷時に設定された固有の64ビットID番号
    • 内蔵の32バイトSRAMバッファによってHF-I2Cトランザクションを高速化
  • 柔軟な接続および通信機能によって広範なアプリケーションに対応
    • プログラマブルI/O (PIO):ウェイクアップまたは監視/制御信号として設定可能
    • HF規格ISO/IEC 15693および18000-3 MODE1準拠(13.56 MHz ±7kHzキャリア周波数)
    • I2Cインタフェース:マスター/スレーブポートによってSensor-Tagアプリケーションでのホストマイクロコントローラが不要
    • エナジーハーベスティングVOUT端子によって外部部品に給電
    • オプションの3.3V電源電圧によってラインおよびバッテリ駆動アプリケーションに対応
    • 動作温度範囲:-40℃~+85℃
  • 堅牢な設計を実現
    • PIOで±4kV、他のすべての端子で±2kV HBM ESD保護

アプリケーション/用途

  • アクセス制御
  • 資産トラッキング
  • 医療用センサ認証および較正
  • プリンタカートリッジ設定および監視
  • システムの知的所有権保護

説明

DeepCover®エンベデッドセキュリティソリューションは、複数層の高度な物理セキュリティによって機密データを秘匿し、可能な限り最もセキュアなキーストレージを提供します。

マキシムのセキュアな薬提供ソリューションのビデオは、マキシムのセキュリティ製品が遠隔の薬提供の認証にどのように使用可能かについて説明します。

DeepCoverセキュア認証用ICのMAX66242は、ISO/IEC 15693およびISO 18000-3 Mode 1対応のRFフロントエンド、I2Cフロントエンド、FIPS 180に基づくSHA-256エンジン、および4096ビットのユーザーEEPROMをシングルチップに組み合わせたトランスポンダICです。双方向セキュリティモデルによって、ホストシステムとMAX66242間で双方向認証を実施します。各デバイスは、出荷時にチップにプログラムされる保証された固有の64ビットROM IDを備えています。このROM IDは、暗号処理用の基本的な入力パラメータとして使用されるとともに、アプリケーション内での電子的なシリアルナンバーとして機能します。

RFインタフェースに加え、MAX66242は、I2Cインタフェースも備えているため、スレーブまたはマスターポートとして動作することが可能です。マスターとして動作する場合、MAX66242は接続されたセンサーまたはペリフェラルデバイスから情報を収集してRFポートからそのデータをリレーすることができます。スレーブとして動作する場合、このデバイスは、接続されたホストとRFリーダー間の中間デバイスとして動作します。MAX66242は、アクティブなRFフィールドからエネルギーを収集することできます。フィールドの強さが適切な場合、設定可能な電源出力は最大5mAを供給することが可能です。

簡易ブロック図

MAX66242:標準アプリケーション回路 MAX66242:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。