先頭に戻る

DeepCoverセキュア認証用IC、1-Wire ECDSAおよび1KbユーザーEEPROM内蔵

開発投資を保護するための手頃な楕円曲線パブリック鍵(公開鍵)認証セキュリティを提供

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Secure Authenticators
Crypto Engine Asymmetric
End Equipment IP Protection
Medical Consumable ID
PCB ID and Authentication
Print Cartridge Authentication
Rack Card Security
Bus Type 1-Wire
Memory Type EEPROM
Memory Size 1K x 1
Deep Cover Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TDFN/8
TSOC/6
Budgetary
Price (See Notes)
1.16
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Secure Authenticators
Crypto Engine Asymmetric
End Equipment IP Protection
Medical Consumable ID
PCB ID and Authentication
Print Cartridge Authentication
Rack Card Security
Bus Type 1-Wire
Memory Type EEPROM
Memory Size 1K x 1
Deep Cover Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TDFN/8
TSOC/6
Budgetary
Price (See Notes)
1.16

主な特長

  • 所定のSECドメインパラメータセットを使用するパブリック鍵(公開鍵)署名用のECDSAエンジン
  • ハードウェア乱数発生器内蔵
  • プライベート鍵およびパブリック鍵(公開鍵)はデバイスによる計算または外部からのロードが可能(オプションの自動ロック機能あり)
  • 個別のユーザー設定/ロック可能なメモリ空間にパブリック鍵(公開鍵)証明書を保存
  • 1回のみ設定可能でコマンドによってデクリメントされる17ビットの不揮発性カウンタ
  • 後続のECDSA署名用にEEPROMページのデータとホストのチャレンジのハッシュを計算するためのSHA-256エンジン
  • 256ビットx 4ページで構成された1024ビットのユーザーEEPROM
  • 各メモリページに対する書込み保護、読取り保護、およびOTP/EPROMエミュレーションを含む、設定可能で不可逆なユーザーEEPROM保護モード
  • 固有の、出荷時設定される64ビットID番号
  • 最大76.9kbpsでホストと通信する単一接点の1-Wireインタフェース
  • 動作範囲:3.3V ±10%、-40℃~+85℃
  • IO端子の±8kV HBM ESD保護(typ)
  • 8ピンTDFNおよび6ピンTSOCパッケージ

アプリケーション/用途

  • 消耗品の認証
  • 医療用センサー
  • ペリフェラル認証
  • プリンタカートリッジの識別および認証

説明

DeepCover®エンベデッドセキュリティソリューションは、複数層の高度物理セキュリティによって機密データを秘匿し、可能な限り最もセキュアなキーストレージを提供します。

DeepCoverセキュア認証用IC (DS28E35)は、業界標準(FIPS 186) パブリック鍵(公開鍵)ベース楕円曲線デジタル署名アルゴリズム(ECDSA)に基づいたホストコントローラによるペリフェラル認証にとても効果的なセキュアなソリューションを提供します。ECDSAエンジンは、「Standards for Efficient Cryptography (SEC)」に従って素体上の疑似ランダム曲線を使用して鍵および署名を計算します。プライベート鍵およびパブリック鍵(公開鍵)は、デバイスによる計算またはユーザーによるインストールが可能で、オプションでロックすることができます。正当性の検証に必要なパブリック鍵(公開鍵)証明書の保存およびロックのために、個別のメモリ空間が設けられています。ECDSA関連のメモリ以外に、このデバイスは256ビットx 4ページで構成された1024ビットのユーザーメモリを備えています。ページ保護モードには、書込み保護、読取り保護、およびワンタイムプログラマブル(OTP)メモリエミュレーションモードが含まれます。また、DS28E35は1回のみ設定可能な、コマンドによってデクリメントされる17ビットの不揮発性カウンタも備えており、DS28E35を付加する対象物の寿命の管理に使用することができます。各デバイスは、出荷時にチップにプログラムされる保証された固有の64ビットROM識別番号(ROM ID)を備えています。この固有のROM IDは、暗号操作用の基本的な入力パラメータとして使用されるとともに、アプリケーション内での電子的なシリアルナンバーとしても機能します。DS28E35は、単一接点の1-Wire®バス上で、オーバードライブ速度で通信を行います。通信は1-Wireプロトコルに従い、複数デバイスの1-Wireネットワークの場合はROM IDがノードアドレスの役割を果たします。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。