先頭に戻る

DeepCoverセキュア認証用IC、1-Wire SHA-256および4KbユーザーEEPROM内蔵

暗号強度の高い認証および高度物理セキュリティで開発投資を保護

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Secure Authenticators
Crypto Engine Symmetric
End Equipment IP Protection
Medical Consumable ID
PCB ID and Authentication
Print Cartridge Authentication
Rack Card Security
Bus Type 1-Wire
Memory Type EEPROM
Memory Size 4K x 1
Deep Cover Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SFN/2
TDFN/6
TO92/2
TO92/3
TSOC/6
Budgetary
Price (See Notes)
1.09
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Secure Authenticators
Crypto Engine Symmetric
End Equipment IP Protection
Medical Consumable ID
PCB ID and Authentication
Print Cartridge Authentication
Rack Card Security
Bus Type 1-Wire
Memory Type EEPROM
Memory Size 4K x 1
Deep Cover Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SFN/2
TDFN/6
TO92/2
TO92/3
TSOC/6
Budgetary
Price (See Notes)
1.09

主な特長

  • SHA-256に基づく対称鍵ベースの双方向セキュア認証モデル
  • SHA-256 MAC生成のための専用のハードウェア高速化SHAエンジン
  • 高ビット数、ユーザー設定可能なシークレット、および入力チャレンジを使用した強力な認証
  • 256ビット x 16ページに分割された4096ビットのユーザーEEPROM
  • 認証/書込み/読取り保護、およびOTP/EPROMエミュレーションを含む、ユーザー設定可能で不可逆なEEPROMの保護モード
  • 固有の、出荷時設定される64ビットIDナンバー
  • 最大76.9kbpsでホストと通信する単一接点の1-Wireインタフェース
  • 動作範囲:3.3V ±10%、-40℃~+85℃
  • 低電力スタンバイ:5µA (typ)
  • ヒューマンボディモデルESD保護:±8kV (typ)
  • 2ピンSFN、2ピンTO-92、6ピンTDFN、および6ピンTSOCパッケージ

アプリケーション/用途

  • ネットワークアタッチドアプライアンスの認証
  • 暗号システム用キー生成および交換
  • プリンタカートリッジID/認証
  • リファレンス設計のライセンス管理
  • セキュア機能設定による設定可能なシステム
  • センサー/アクセサリの認証および較正
  • システムの知的所有権保護

説明

DeepCoverエンベデッドセキュリティソリューションは、機密データを高度物理セキュリティの複数レイヤ下に隠し、最もセキュアなキーストレージを実現します。

The DeepCover Secure Authenticator (DS28E25) combines crypto-strong, bidirectional, secure challengeand- response authentication functionality with an implementation based on the FIPS 180-3-specified Secure Hash Algorithm (SHA-256). A 4Kb user-programmable EEPROM array provides nonvolatile storage of application data and additional protected memory holds a readprotected secret for SHA-256 operations and settings for user memory control. Each device has its own guaranteed unique 64-bit ROM identification number (ROM ID) that is factory programmed into the chip. This unique ROM ID is used as a fundamental input parameter for cryptographic operations and also serves as an electronic serial number within the application. A bidirectional security model enables two-way authentication between a host system and slave-embedded DS28E25. Slave-to-host authentication is used by a host system to securely validate that an attached or embedded DS28E25 is authentic. Hostto-slave authentication is used to protect DS28E25 user memory from being modified by a nonauthentic host. The SHA-256 message authentication code (MAC), which the DS28E25 generates, is computed from data in the user memory, an on-chip secret, a host random challenge, and the 64-bit ROM ID. The DS28E25 communicates over the single-contact 1-Wire® bus at overdrive speed. The communication follows the 1-Wire protocol with the ROM ID acting as node address in the case of a multiple-device 1-Wire network.

セキュアな薬提供ソリューションのビデオは、遠隔の薬提供認証を行うために使用可能なマキシムのセキュリティ製品をお見せします。

簡易ブロック図

DS28E25:標準アプリケーション回路 DS28E25:標準アプリケーション回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。