先頭に戻る

DeepCoverセキュアメモリ、I2C SHA-256および3KbユーザーEEPROM内蔵

暗号強度の高いSHA-256認証および暗号化で開発投資を保護

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Secure Authenticators
Crypto Engine Symmetric
End Equipment IP Protection
PCB ID and Authentication
Bus Type I2C
Memory Type EEPROM
Memory Size 3K x 1
Deep Cover Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TDFN/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.1
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Secure Authenticators
Crypto Engine Symmetric
End Equipment IP Protection
PCB ID and Authentication
Bus Type I2C
Memory Type EEPROM
Memory Size 3K x 1
Deep Cover Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TDFN/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.1

主な特長

  • SHA-256に基づく対称鍵ベースの双方向セキュア認証および暗号化モデル
  • SHA-256 MAC生成のための専用のハードウェア高速化SHAエンジン
  • 256ビット、ユーザー設定可能なシークレット、および入力チャレンジを使用した強力な認証
  • 256ビットx 12ページに分割された3072ビットのユーザーEEPROM
  • 認証/書込み/読取り保護/暗号化、およびOTP/EPROMエミュレーションを含む、ユーザー設定可能で不可逆なEEPROMの保護モード
  • 100kHzおよび400kHzのI2C通信速度をサポート
  • 0.5µA (typ)の省電力スリープモードをサポート
  • 動作範囲:3.3V ±10%、-40℃~+85℃
  • 8ピンTDFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • ネットワークアタッチドアプライアンスの認証
  • 暗号システム用キー生成およびセキュアエクスチェンジ
  • セキュア機能設定による設定可能なシステム
  • システムの知的所有権保護

説明

DeepCover®エンベデッドセキュリティソリューションは、機密データを複数層の高度物理セキュリティ下に秘匿し、可能な限り最もセキュアなキーストレージを実現します。DeepCoverセキュアメモリ(DS28C22)は、高い暗号強度、双方向性、セキュリティを備えたチャレンジ&レスポンス認証およびスモールメッセージ暗号化機能とFIPS 180で規定されたセキュアハッシュアルゴリズム(SHA-256)に基づく実装を組み合わせています。3Kbのユーザー設定可能なEEPROMアレイはアプリケーションデータの不揮発性ストレージを提供し、その他の保護されたメモリにはSHA-256の動作用の読取り保護されたシークレットおよびユーザーメモリ制御用の設定が保持されます。各デバイスは、出荷時にチップにプログラムされる保証された固有で変更できない64ビットROM識別番号(ROM ID)を備えています。この固有のROM IDは、暗号操作用の基本的な入力パラメータとして使用されるとともに、アプリケーション内での電子的なシリアルナンバーとしても機能します。双方向のセキュリティモデルによって、ホストシステムとスレーブに内蔵されたDS28C22の間での双方向の認証と暗号化が可能です。スレーブからホストへの認証は、接続または内蔵されたDS28C22の正当性をセキュアな形で検証するために、ホストシステムによって使用されます。ホストからスレーブへの認証は、不正なホストによる書換えからDS28C22のユーザーメモリを保護するために使用されます。SHA-256メッセージ認証コード(MAC)はDS28C22によって生成され、ユーザーメモリ内のデータ、チップ内蔵のシークレット、ホストのランダムなチャレンジ、および64ビットROM IDから計算されます。このデバイスは、SHA-256エンジンによって計算された一時的なパッドを使用して、ホストとスレーブ間の暗号化された読取り/書込みも容易にします。未使用時には、DS28C22をスリープモードにして消費電力を最小限に抑えることができます。

簡易ブロック図

DS28C22:標準アプリケーション回路 DS28C22:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。