セキュア認証および偽造保護ソリューション

交換式または限られた寿命のセンサー、ペリフェラル、モジュール、または消耗品を備えたシステムは、一般的に不正なアフターマーケット会社によって標的にされます。これらの偽造代替品は、安全性の問題をもたらし、品質を低下させ、OEMの収益に負の影響を与えます。DeepCover®セキュア認証用ICを使うと、デジタル処理機能が存在する任意のシステム用に暗号ソリューションを容易に実装することができます。32億以上のセキュア認証ユニットの出荷実績を持つマキシムは、低コスト偽造保護、ペリフェラル機器認証、セキュア機能設定などを実現する、ハードウェアベースの物理セキュリティの実装を手助けする専門家です。

参照:




DeepCoverセキュア認証用ICの注目製品


対称鍵認証用IC

製品 デバイスタイプ 暗号エンジン インタフェース 機能
DS28E25 認証用IC SHA-256 1-Wire® SHA-256双方向認証、ユーザーEEPROMの認証保護(オプション)
DS2465 コプロセッサ SHA-256 I2C、1-Wire SHA-256コプロセッサ、セキュアホスト側キーストレージ、および1-Wireラインドライバ(DS28E15/DS28E22/DS28E25用)
MAX66242 タグ認証用IC SHA-256 NFC、I2C ISO/IEC 15693 HFおよびI2Cデュアルインタフェース、SHA-256双方向認証、外部給電用RFエナジーハーベスティング
MAX66300 リーダーコプロセッサ SHA-256 NFC、SPI、UART NFCトランシーバ、SHA-256コプロセッサ、およびセキュアホスト側キーストレージ(MAX66240/MAX66242用)

非対称鍵認証用IC

製品 デバイスタイプ 暗号エンジン インタフェース 機能
DS28E38 認証用IC ECC-P256 1-Wire ECDSA P256認証、ChipDNA PUF保護内蔵、認証付きデクリメントカウンタ、TRNG外部データソース
DS28C36 認証用IC ECC-P256、SHA-256 I2C ECDSA P256またはSHA-256双方向認証、ユーザーEEPROMの認証保護(オプション)、TRNGソース、セキュアGPIOおよびダウンロード処理
DS28E36 認証用IC ECC-P256、SHA-256 1-Wire ECDSA P256またはSHA-256双方向認証、ユーザーEEPROMの認証保護(オプション)、TRNGソース、セキュアGPIOおよびダウンロード処理
DS28E83 認証用IC ECC-P256、SHA-256 1-Wire ガンマ線/電子線滅菌耐性、ECDSA P256またはSHA-256双方向認証、保護されたユーザーOTP、セキュアダウンロード、TRNGソース、セキュアGPIO
DS2476 コプロセッサ ECC-P256、SHA-256 I2C ECDSA/SHA-256コプロセッサ、セキュアホスト側キーストレージ(DS28E38/DS28C36/DS28E36/DS28E83用)

DeepCoverセキュア認証用ICの評価キット


DS28E38 DeepCoverセキュア認証用ICの評価キット

DS28E38EVKIT

ECDSA非対称認証、ChipDNA PUF保護および2KbユーザーEEPROM内蔵。

詳細はこちら ›

MAX66242 DeepCoverセキュア認証用ICの評価キット

MAX66242EVKIT

ISO 15693、I2C、SHA-256タグ/トランスポンダ、4KbユーザーEEPROM、RF/I2Cインタフェース、およびエナジーハーベスティング内蔵。

詳細はこちら ›


DeepCoverセキュア認証用ICのデザインリソース


ホワイトペーパー

アプリケーションノート

ガイド


ブログ

関連ビデオ