先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/products/embedded-security/authentication-applications/industrial-authentication

プログラマブルロジックコントローラ、監視回路制御およびデータ収集(SCADA)、分散制御、およびビルオートメーションシステムなどの産業制御機器は、現在サイバー攻撃の標的になっています。これらのシステムの一部は、配電、水道、下水など、システム障害が許されない非常に重要なインフラストラクチャを管理しています。これらすべてのタイプの機器に、システムの動作と制御のための各種のプラグインモジュールやセンサーが内蔵されています。非正規のチャネルから供給された場合、破滅的、破壊的、および人間に危険なシステム動作が発生する可能性があります。

これらの産業用製品は高価なものが多く、また大量生産される場合もあるため、偽造業者が低価格/低品質の代替品や再生品を提供することには利益上の強い動機があります。

偽造業者は、シリアルナンバーIDや単純なパスワードソリューションなどの簡素な認証技法を解析する技術を持っています。そのため、産業用製品に採用される電子的認証ソリューションは、非正規の代替品が使用される可能性を排除するために強力な認証機能を提供する必要があります。チャレンジ&レスポンス認証に基づく高い暗号強度を備えた方式は、業界標準と慣例に支えられたソリューションを提供します。

マキシムのDeepCover®セキュア認証用ICは、対称鍵SHA-256 (セキュアハッシュアルゴリズム)または非対称鍵ECDSA (楕円曲線デジタル署名アルゴリズム)に基づく暗号などの機能を備え、これらの要件に適合し上回ります。

以下の図は、産業用製品の標準的な認証アプリケーションを表します。

Application: PLC Module Authentication


PLCモジュールの認証

ページのトップへ戻る |

Application: Pre-pay Utility Meter


前払い式ユーティリティメーター

ページのトップへ戻る |

Application: On-Site Feature Enablement via Authenticated Smart Phone


認証済みスマートフォンによるオンサイトでの機能有効化

ページのトップへ戻る |

Application: "Feature Enabling" via Authentication Read


認証読取りによる機能の有効化

ページのトップへ戻る |