認証アプリケーション

エンベデッド電子認証は、機器と共に、あるいは機器の内部で使用されるサブシステム、アクセサリ、およびアタッチメントが偽造品ではないことを確保します。電子認証を採用することによって、メーカーは自社製品の使用法と性能をより完全に制御することができます。アプリケーションに応じて、電子認証は製品の信頼性、精度、安全性、およびセキュリティの維持に役立ち、利益率を保護することもできます。

過去のシステムでは、メーカーは高コストなモールドされたプラグやコネクタ、そのメーカーの純正部品のみを受け付ける独自形状など、物理的な認証を採用していました。これらの物理的手法はメーカーにとって高コストかつ不便であり、偽造者にとってはこの認証を破ることが可能でした。電子認証は標準インタフェースを使用するため製品の製造コストが抑えられ、電子認証システムを破ることはコスト面から現実的ではないため、システム設計者は電子認証への移行を進めています。

以下のページでは、さまざまなアプリケーションでの電子認証の採用に関する詳細を提供します。

リソース