先頭に戻る

DeepCover暗号コプロセッサ、ChipDNA内蔵

DS28S60はエンベデッド、コネクテッド製品用の完全なセキュリティの実装を促進

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Secure Authenticators
Crypto Engine Asymmetric
Symmetric
End Equipment IP Protection
IoT Node Crypto-Protection
Secure Authentication of Accessories and Peripherals
Secure Boot or Download
Bus Type SPI
Memory Type Flash
Memory Size 3.6 KB
Deep Cover Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to 105 C
Package/Pins TDFN-CU/12
Budgetary
Price (See Notes)
0.75
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

データシート DeepCover暗号コプロセッサ、ChipDNA内蔵 Aug 20, 2020
アプリケーションノート The Basics of Using the DS28S60
ユーザーガイド DS28S60 SECURITY USER GUIDE

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Secure Authenticators
Crypto Engine Asymmetric
Symmetric
End Equipment IP Protection
IoT Node Crypto-Protection
Secure Authentication of Accessories and Peripherals
Secure Boot or Download
Bus Type SPI
Memory Type Flash
Memory Size 3.6 KB
Deep Cover Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to 105 C
Package/Pins TDFN-CU/12
Budgetary
Price (See Notes)
0.75

主な特長

  • NIST準拠のハードウェアベースの暗号を備えたセキュアコプロセッサ
    • FIPS-180 SHA-256 MACおよびFIPS-198 HMACハッシュ
    • FIPS-197 AES-128 (GCM対応)
    • FIPS-186 ECDSA-P256楕円曲線デジタル署名/検証
    • SP800-56A ECDHE-P256鍵交換
    • SP800-90B準拠TRNG
  • 堅牢な対策によってセキュリティ攻撃に対する保護を提供
    • ChipDNAで作成した鍵による暗号によって全保存データを保護
    • アクティブ監視ダイシールドによる侵入の試みの検出および対応
  • エンドアプリケーションへの容易な統合によって迅速な市場投入までの時間を実現
    • 固定機能のコマンドセット、デバイスレベルのファームウェア不要
    • CソースのデモによってSW開発の例を提供
    • セキュア鍵、証明書、およびデータストレージ用の3.6KBのフラッシュアレイ
  • ホストマイクロコントローラ通信用の高速インタフェース
    • 20MHz SPI (モード0またはモード3動作)
  • 補助機能によってエンドアプリケーションへの容易な統合を実現
    • 固有かつ変更不可の出荷時-設定される、64ビット識別番号(ROM ID)
    • 低電力動作
      • 100nA (パワーダウンモード)
      • 0.35mA (アイドル時)
    • 12ピンTDFN (3mm × 3mm)
  • -40℃~+105℃、1.62V~3.63V

アプリケーション/用途

  • エンドポイント認証
  • エンドツーエンドの暗号化
  • モノのインターネット(IoT)機器のセキュリティ
  • 鍵の管理および交換
  • 偽造製品の防止

説明

DS28S60 DeepCover®暗号コプロセッサは、エンベデッドシステムへの容易な内蔵が可能で、情報の機密性、認証、および完全性を実現します。DS28S60は固定のコマンドセットを備え、デバイスレベルのファームウェア開発が不要なため、IoT機器用の完全なセキュリティの実装を迅速かつ容易にします。デバイスとの通信は、業界標準のSPIスレーブインタフェースを使用して最大20Mbpsで行われ、ハードウェアベースの暗号ブロックを利用した包括的なセキュリティツールボックスを提供する簡素なコマンドセットを備えます。SPIで接続されたホストコントローラに対するコプロセッサとして、コマンド機能にはECDSA-P256署名と検証、SHA-256ベースのデジタル署名、AES-128パケット暗号化/復号、セッション鍵生成用のECDHE鍵交換、および高品質乱数へのアクセスが含まれます。NIST SP800-90B準拠の真の乱数発生器(TRNG)が内蔵され、チップ上の暗号演算に使用されるとともに、必要に応じてランダムデータおよびノンスをホストコントローラに提供します。3.6KBのセキュアフラッシュメモリによって、シークレット、証明書、パブリック鍵(公開鍵)/プライベート鍵、およびアプリケーション固有の機密データ用の不揮発性ストレージに対応します。

DS28S60はマキシムの特許取得済みChipDNA物理的複製防止機能(PUF)を内蔵し、セキュリティ攻撃に対する最高の保護を備えたコスト効率の良いソリューションを提供します。ウェハ製造時に自然に発生する半導体デバイス特性のランダムな変動を使用して、ChipDNA回路は時間、温度、および動作電圧にわたって再現性のある固有の出力値を生成します。ChipDNA動作のプロービングまたは観測を試みると基底の回路特性が変化するため、チップの'暗号関数によって使用される固有値の発見が防止されます。ChipDNA出力は、デバイスの全保存データのセキュリティを暗号によって確保するための鍵の内容として利用されます。

簡易ブロック図

DS28S60:簡易ブロックダイアグラム DS28S60:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート DeepCover暗号コプロセッサ、ChipDNA内蔵 Aug 20, 2020
アプリケーションノート The Basics of Using the DS28S60
ユーザーガイド DS28S60 SECURITY USER GUIDE

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。