プリディストーションリニアライゼーション(RFPAL)

マキシムのRFパワーリニアライザ(RFPAL)デバイスは、デジタルによる設定と、アナログ回路設計の簡素さ、小型サイズ、および低消費電力を効果的に組み合わせた、設定可能なアナログ信号処理アーキテクチャを備えています。このアーキテクチャによって提供される利点は、超低消費電力、広帯域性能、および小型システム実装面積のプリディストーションリニアライゼーションソリューションです。

これらの製品は、セルラインフラストラクチャおよびマイクロ波ポイントツーポイント市場で広く受け入れられています。広範なフィールドへの配備によって、これらのRFPALデバイスが既存アプリケーションのシステム効率を大幅に向上させコストを削減することができる堅牢なソリューションであることが実証されました。さらに、これらのデバイスは異種混合ネットワーク(HetNet)配備で使用される新しい高性能、コスト重視、超小型4Gセルラ小規模セル設計も可能にします。



RFパワーアンプリニアライゼーション技術
3:40 min
May 2016