ローノイズアンプ(LNA)

ワイヤレスアプリケーションで、ローノイズアンプ(LNA)は弱いRF信号を増幅してレシーバによる処理を可能にするアクティブネットワークです。レシーバチェーン内で、アンテナ後の第一のアンプはシステムのノイズ指数に最も影響します。アンプは所望の信号にノイズと歪みを加えることが知られていますが、RFローノイズアンプ(RF LNA)は歪みやノイズを加えることなく所望のRF信号を増幅するように設計されています。

マキシムのRF LNAの広範なポートフォリオは、低ノイズ指数、高リニアリティ、および低電力を含むクラス最高の信号性能を提供します。先進的プロセスによって、最小のソリューションサイズで優れた仕様が提供されます。マキシムのRF設計の専門知識と堅牢な特性によって最適な機能を実現し、デザイン時間を大幅に短縮します。

全ローノイズアンプ 

GPS用ローノイズアンプ

マキシムの広範なGPS用LNAは最低電力を最小パッケージに実装し、スマートフォンやウェアラブルなどの民生用ハンドヘルド機器の長いバッテリ寿命を実現するとともに、最高の利得と最小の歪みを達成します。マキシムのGPS用ローノイズアンプのポートフォリオは、Galileo、GLONASS、GPS L1、L2、およびBeiDouを含み、ブロードバンドのナビゲーションシステム受信範囲を提供します。

GPS用LNAs 

車載アクティブアンテナ用ローノイズアンプ

マキシムのアクティブアンテナ用LNAは、車載アクティブアンテナアプリケーションの性能を向上させ部品数を削減します。アクティブアンテナ用ローノイズアンプは高性能の信号増幅を提供し、自動利得制御(AGC)、パワーディテクタ、電圧安定化などの機能を内蔵しています。これらの機能をシングルチップに集積することによって、スペースに制限のあるアンテナ基部の領域への利得段の配置が容易になります。

アクティブアンテナ用LNA 

関連情報:
パワーアンプ

LNAの注目製品


Introduction to the MAX40077 MAX40078 MAX40089 Single/Dual/Quad Ultra-Low Input Bias Current, Low Noise Amplifiers

This video provides an introduction to the MAX40077/MAX40078/MAX40089 are wide band, low-noise, low-input bias current operational amplifiers that offer rail-to-rail outputs and single-supply operation from 2.7V to 5.5V.

GPS/GNSS超低電流LNAの評価キット

MAX2679BEVKIT

追加の回路なしでRF性能のテストが可能。入出力用50Ω SMAコネクタを装備

詳細はこちら ›

GPS/GNSS超低ノイズ指数LNA

MAX2667EVKIT

超低ノイズ指数のGPS用LNA、高利得と高リニアリティを小型パッケージで提供

詳細はこちら ›

40MHz~4GHzリニアブロードバンドアンプ

MAX2615

高性能ブロードバンドアンプ、優れた利得平坦性、8ピンTDFN

詳細はこちら ›

LNAのデザインリソース


技術資料

一般的な技術資料を参照する: