MAX5871

16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

ワイヤレス通信用の完全デジタル、ソフトウェア無線(SDR)ダイレクトRFトランスミッタを実現


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

高性能補間および変調16ビット5.9Gsps RF DACのMAX5871は、DC~2.8GHz以上の周波数、最大600MHzの瞬時帯域幅の直接合成が可能です。このデバイスは、ワイヤレス通信アプリケーションでマルチ規格/マルチバンドトランスミッタを実現します。このデバイスは、マルチキャリアGSM、UMTS、およびLTEを含む広範な通信規格のスペクトルマスク要件に適合します。

このデバイスは、補間フィルタ、デジタル直交モジュレータ、数値制御発振器(NCO)、クロック逓倍PLL+VCO、および14ビットRF DACコアを内蔵しています。ユーザー設定可能な5倍、6倍、6.67倍、8倍、10倍、12倍、13.33倍、16倍、20倍、または24倍、リニア位相補間フィルタは、再構成フィルタ処理を簡素化するとともに、通過帯域の動的性能を強化し、FPGA/ASICに必要な入力データ帯域幅を低減します。NCOは、入力ベースバンド信号の完全なアジャイル変調を可能にし、ダイレクトRF合成を実現します。

MAX5871は、サブクラス0およびサブクラス1に準拠した4レーンのJESD204B SerDesデータ入力インタフェース経由で16ビット入力データに対応します。このインタフェースは1、2、または4レーンに設定可能で、レーン当り最大10Gbpsのデータレートに対応するため、I/Oの数と速度を最適化するための柔軟性が提供されます。

MAX5871のクロック入力は柔軟なクロックインタフェースを備え、差動正弦波または方形波入力クロック信号に対応します。バイパス可能なクロック逓倍PLLおよびVCOを使用して、高周波数サンプリングクロックを生成することができます。このデバイスは分周されたリファレンスクロックを出力し、システムクロックとDACクロックの同期を確保します。さらに、JESD204Bサブクラス1を使用して複数のデバイスを同期することが可能です。

MAX5871は、差動電流ステアリングアーキテクチャを使用し、50Ω負荷で0dBmフルスケール出力信号レベルを生成可能です。このデバイスは、1.8Vおよび1.0V電源で動作し、4.9Gsps時の消費電力は2.5Wです。このデバイスは小型144ピンFCCSPパッケージ(10mm × 10mm)で提供され、拡張工業用温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。
MAX5871:ファンクションダイアグラム MAX5871:ファンクションダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • I/Q不平衡およびLOフィードスルーを除去
    • マルチバンドRF変調を実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • DAC出力更新レート:5.898Gsps
    • 高性能14ビットRF DACコア
    • デジタル直交モジュレータおよびNCO (分解能:1Hz/10Hz/100Hz/1kHz/10kHz)
    • 補間:5倍/6倍/6.67倍/8倍/10倍/12倍/13.33倍/16倍/20倍/24倍
    • クロック逓倍PLL+VCO内蔵
  • 高い柔軟性と設定自由度
    • 1、2、または4レーンJESD204B入力データインタフェース
      • サブクラス0およびサブクラス1準拠
      • レーン当り最大10Gbps
    • システム同期用のリファレンスクロック
    • 複数DACの同期(サブクラス1)
    • デバイス設定アプリケーション用のSPIインタフェース

アプリケーション/用途

  • セルラー基地局トランスミッタ
  • 2.5G/3G - GSM/TDMA/CDMA/UMTS
  • 4G LTEおよびWiMAX
  • マルチ規格/マルチバンドトランスミッタ
  • ポイント間マイクロ波リンク
  • ワイヤレスバックホール

MAX5871EVKIT: MAX5871の評価キット

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX5871 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX5871EXE+
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度

    SC-USB-SPI-PICO
    USB-SPIインタフェースアダプタ、SC1905およびSC1894用

    • USBインタフェース接続をSC1894およびSC1905へのシリアルパラレルインタフェースに変換
    • Windows 10、Windows 7
    • USB 3.0およびUSB 2.0

    SC1905
    698MHz~3800MHz RFパワーアンプリニアライザ(RFPAL)

    • 標準CMOSのRFin/RFout PAリニアライザSoC
    • 外部リファレンスクロック対応:
    • 低消費電力:1280mW

    MAX41461
    300MHz~960MHz ASKトランスミッタ、I2Cインタフェース内蔵

    • 低い実装コスト
    • 到達範囲、データレート、およびセキュリティを向上
    • 低消費電流によってバッテリ寿命を延長

    MAX41462
    300MHz~960MHz ASKトランスミッタ、I2Cインタフェース内蔵

    • 低い実装コスト
    • 到達範囲、データレート、およびセキュリティを向上
    • 低消費電流によってバッテリ寿命を延長

    種類 ID タイトル
    評価ボード10086MAX5871EVKIT MAX5871の評価キット