先頭に戻る

290MHz~960MHz ASK/FSKレシーバ、SPIインタフェース内蔵

低消費電流の高RF感度レシーバ、低コストおよび電力重視のASK/FSKアプリケーションに最適

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for ISM RF Receivers < 1GHz
Band/ Freq. (MHz) 290 to 960
Modulation Mode ASK
FSK
OOK
RX Sensitivity (dBm) -127
Data Rate (kbps) (max) 200
Package/Pins TQFN/12
Budgetary
Price (See Notes)
0.87
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for ISM RF Receivers < 1GHz
Band/ Freq. (MHz) 290 to 960
Modulation Mode ASK
FSK
OOK
RX Sensitivity (dBm) -127
Data Rate (kbps) (max) 200
Package/Pins TQFN/12
Budgetary
Price (See Notes)
0.87

主な特長

  • 少ない部品数(BOM)
    • 外付けバラン、外付けフィルタなどが不要
    • 1つの低コスト16MHz外付け水晶
  • 長距離で高感度
  • 低消費電力
    • 動作消費電流:9mA
    • パワーダウン電流:10nA
  • 自己ポーリング(リモートウェイクアップ)によって電力を削減
    • 割込み出力を備えたプリアンブル検出
    • 平均電流:わずか350µA
    • デューティサイクル:1%以下に対応
    • 高速起動時間
  • 自動利得制御(AGC)調整デジタルRSSI
  • 自動周波数制御(AFC)
  • 高速スイッチングフラクショナルNシンセサイザ
  • 33dB較正イメージ除去
  • ETSIカテゴリー2ブロッキング要件に適合
  • ESD保護:±2.5kV HBM (LNA入力で±4kV)
  • データレート:最大200kbps (NRZ)
  • 電源電圧:1.8V~3.6V
  • 動作温度範囲:-40℃~+105℃
  • 12ピンTQFNパッケージ(4mm × 4mm、0.8mmピッチ)

アプリケーション/用途

  • ホームオートメーションおよびセキュリティ
  • ビルアクセス管理
  • ガレージドア開閉装置(GDO)
  • リモートキーレスエントリー(RKE)
  • タイヤ空気圧監視システム(TPMS)
  • 飲食店の呼び出しベル

説明

MAX41470は高性能、低電力レシーバで、振幅偏移変調(ASK)および周波数偏移変調(FSK)データに最適です。このレシーバは1つの低コスト16MHz水晶を使用しながら、287MHz~320MHz、425MHz~480MHz、および860MHz~960MHz の3つの一般的なSub-GHz 帯域用に設定することができます。

MAX41470はASKとFSKの両方を受信可能で、またSPIインタフェースを介して完全に設定可能です。

このレシーバは優れたRF感度を備え、RF入力で最大0dBmの電力の入力信号を許容します。内蔵IFフィルタ、わずかな外付け部品数、および低動作/パワーダウン電流によって、MAX41470レシーバはコストおよび電力重視のアプリケーションに最適です。また、このチップはローノイズアンプ(LNA)、完全差動イメージ除去ミキサ、電圧制御発振器(VCO)内蔵フェーズロックループ(PLL)、受信信号強度インジケータ(RSSI)、およびデジタル復調も内蔵しています。

このデバイスは1.8V~3.6Vの電源電圧範囲で動作し、プリアンブル検出および割込み出力を備えた省電力、完全設定可能、自己ポーリング(デューティサイクリング)モードも備え、外部マイクロコントローラユニット(MCU)のウェイクアップが可能です。

このデバイスは12ピン薄型QFN (TQFN)パッケージで提供され、-40℃~+105℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX41470:ファンクションダイアグラム MAX41470:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。