MAX3558

ケーブルTVアプリケーション用、AGC付き、クワッド出力LNA


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

ブロードバンドクワッド出力ローノイズアンプ(LNA)のMAX3558は、ディジタルセットトップとディジタル地上波アプリケーション用に設計されています。このLNAは、50MHz~878MHzの入力周波数範囲をカバーすると同時に、4つのバランス出力のそれぞれに30dBを超える制御範囲を持つ個別の自動利得制御(AGC)機能を備えています。出力ごとにそれぞれのシャットダウン制御を備えているため、未使用時の消費電力が低減します。また、MAX3558はパワーディテクタも内蔵しており、これを使って個別のAGCループを閉じて、過負荷状態を防止することができます。LNAのアタックポイントは、外部抵抗で調整することができます。MAX3558は、エクスポーズドパッド(EP)付きの超小型28ピンQFNパッケージで提供されます。

主な特長

  • 個別のAGCとシャットダウンを備えたクワッド出力
  • ブロードバンド動作:50MHz~878MHz
  • パワーディテクタ内蔵
  • 高リニアリティ:15.6dBm IIP3

アプリケーション/用途

  • デジタルセットトップボックス
  • デジタル地上波レシーバ
  • チューナプリアンプ
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度


種類 ID タイトル
評価ボード4117MAX3558EVKIT MAX3558の評価キット