MAX3532

アップストリームCATVドライバアンプ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3532は、アップストリームケーブルアプリケーション用のプログラマブルパワーアンプです。本デバイスは36dBmV入力で駆動された場合、1:2 (電圧比)トランスを通じて最大62dBmV (連続波)を出力します。また、3線ディジタルシリアルバスにより、1dBステップの可変利得となっています。動作周波数範囲は5MHz~42MHzです。

MAX3532はハイパワー、低ノイズおよび送信ディセーブルという3つの動作モードを持っています。ハイパワーモードは最高の出力レベルを達成し、低ノイズモードは低出力レベル時に出力ノイズを最小に抑えます。送信ディセーブルモードにおいては、出力ノイズを最小限に抑えたハイアイソレーション状態になります。これは、TDMA機器のバーストとバーストの間で使用します。

パワーダウンモードも2つあります。ソフトウェアシャットダウンモードではプログラムされた利得設定を維持しつつ、全てのアナログ回路をパワーダウンできます。シャットダウンモードは全ての回路をディセーブルし、消費電流を10µA以下に抑えます。

MAX3532は36ピンSSOPパッケージで提供されており、温度範囲は拡張工業用(-40℃~+85℃)のものが用意されています。
MAX3532:標準動作回路 MAX3532:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 電源:+5V単一
  • 出力レベル範囲は1dBステップで8dBmV未満から62dBmVまで
  • 利得は1dBステップでプログラマブル
  • 標準電力消費:350mW
  • 送信ディセーブルモード
  • 2つのシャットダウンモード

アプリケーション/用途

  • ケーブルモデム
  • ケーブルテレビセットトップボックス
  • ケーブルを用いた通話システム

技術資料

チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX3532 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度


種類 ID タイトル
評価ボード1870MAX3532EVKIT MAX3532の評価キット