先頭に戻る

MAX3514、MAX3516、MAX3517の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX3514、MAX3516、MAX3517の評価キット May 07, 2001

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • +5V単一電源動作
  • 出力レベル範囲:最大64dBmV (QPSK)
  • 利得は0.5dB単位で設定可能
  • 送信ディセーブルモード
  • シャットダウンモード
  • 制御ソフトウェア付
  • 完全実装済み、試験済み表面実装基板

アプリケーション/用途

  • デジタルテレビ(レシーバ、セットトップボックス)
  • パラメトリックファミリ:ケーブルモデム

説明

MAX3514/MAX3516/MAX3517の評価キット(EVキット)は、CATVアップストリームアンプMAX3514/MAX3516/MAX3517の評価作業を容易にします。各キットは標準PCのパラレルポートを通じて設定可能なデータインタフェースを備えています。この機能を補助するためのソフトウェア(Windows® 95/98コンパチブル)も含まれています。このソフトウェアを使うと、ユーザはシンプルなユーザインタフェースを通じて利得と送信モードの両方を設定することができます。

デバイスの入出力へのアクセス用に50Ω SMAコネクタが提供されています。入力は50Ωにマッチングされており、出力回路の方は、50Ω試験機器使用時に出力トランスに対して75Ωの負荷となる最小損失パッドを備えています。

技術資料

データシート MAX3514、MAX3516、MAX3517の評価キット May 07, 2001

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。