MAX3505

アップストリームCATVアンプ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

プログラマブルパワーアンプのMAX3505は、CATVアップストリームアプリケーション用に設計されています。MAX3505は、34dBmVの公称入力信号で駆動すると75Ω負荷に64dBmV (QPSK)を出力します。入力と出力はともに差動構成で、出力ポートに外付けバランを使用する必要があります。可変利得機能は、56dBを超えるダイナミックレンジを実現し、3線式SPI™インタフェースで制御されます。利得制御は、0.5dBステップで行われます。MAX3505は、5MHz~65MHzの周波数範囲で動作し、1:1バランを使用して内部で整合がとられています。

このデバイスは、単一DC 5V電源で動作し、送信中に285mA (デューティサイクル100%、64dBmV出力)を消費します。バイアス電流は、効率を上げるために出力レベルに基づいて自動調整されます。さらに、このデバイスは、ノイズを最小限に抑制し、出力ポートの整合性を維持して電力を節減するためにバースト間でディセーブルされます。さらにシャットダウンモードでは、すべての回路がディセーブルされ、消費電流が5µA (typ)に減少します。

MAX3505は、20ピンQFNパッケージで提供され、工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)で動作します。
MAX3505:標準動作回路 MAX3505:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 5V単一電源動作
  • ±1dBの高精度利得制御(56dB範囲)
  • プログラマブルな利得(0.5dBステップ)
  • 高調波歪み:-55dBc (65MHzにて)
  • バーストオン/オフトランジェント小
  • アプリケーション/用途

    • CATVステータスモニタ
    • DOCSIS®/EuroDOCSISおよびDVBケーブルモデム
    • OpenCableセットトップボックス
    • ケーブルを用いた通話システム

    技術資料

    チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン

    品質および環境データ

    信頼性レポートをリクエスト: MAX3505 
    鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
    デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度