MAX2852

5GHzレシーバ

DFSレシーバ機能を提供する、ワイヤレスHDビデオ(WHDI)用、高性能、コスト効率の高いRFデザイン


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2852は、5GHzワイヤレスアプリケーション用に設計されたシングルチップRFレシーバICです。このICは、完全なレシーバの実装に必要な全回路、水晶発振器、VCO、PLL、LNA、VGA、およびベースバンドフィルタを内蔵しています。このICは、76Hzの周波数設定ステップサイズを備えた高速セトリング、デルタシグマフラクショナルシンセサイザを内蔵しています。また、このICはI/Q振幅および位相誤差較正回路も内蔵しています。このレシーバは、インチャネルRSSIとRF RSSIの両方を備えています。

このレシーバチップは、エクスポーズドパッドを備えた小型、68ピンTQFNリードレスプラスチックパッケージで提供されます。

主な特長

  • 周波数範囲:4900MHz~5900MHz
  • Rxノイズ指数:4.5dB
  • Rx利得制御範囲:70dB (ステップサイズ2dB、デジタル制御)
  • レシーバRSSIダイナミックレンジ:60dB
  • RFワイドバンドレシーバRSSI
  • 設定可能な20MHz/40MHz Rx I/Qローパスチャネルフィルタ
  • デルタシグマフラクショナル-N PLL (分解能76Hz)
  • モノリシック低ノイズVCO (積分位相ノイズ-35dBc)
  • 4線式SPIデジタルインタフェース
  • I/Qアナログベースバンドインタフェース
  • デジタル温度センサー読取り内蔵
  • 完全なベースバンドインタフェース
  • 電源電圧:+2.7V~+3.6V
  • 小型、68ピンTQFNパッケージ(10mm x 10mm)

アプリケーション/用途

  • 5GHz FDDバックホールおよびWiMAX
  • 5GHzワイヤレスHDMI® (WHDI)

技術資料

チュートリアル 5300 RFの基本
チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX2852 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX2852ITK+
  • MAX2852ITK+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID PDF タイトル
    チュートリアル 5300 RFの基本
    チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン