MAX2837

2.3GHz~2.7GHzワイヤレスブロードバンドRFトランシーバ

業界初、生産準備完了、シングルチップ2.3GHz~2.7GHz WiMAX RFトランシーバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2837は、ダイレクトコンバージョン、ゼロIF、RFトランシーバで、2.3GHz~2.7GHzのワイヤレスブロードバンドシステム用に設計されています。MAX2837は、RF-ベースバンド受信パス/ベースバンド-RF送信パス、VCO、周波数シンセサイザ、水晶発振器、およびベースバンド/制御インタフェースを備えて、RFトランシーバ機能の実装に必要な全回路を完備しています。このデバイスは、20Hzを下回る周波数ステップの高速セトリング、シグマ-デルタRFシンセサイザと、TCXOの代わりに低コスト水晶が使用可能な水晶発振器を内蔵しています。また、このトランシーバICは、DCオフセットキャンセル、I/Q誤差回路、およびキャリアリーク検出回路も内蔵しています。総合ワイヤレスブロードバンドRF無線ソリューションを構築するのに必要なのは、RF帯域通過フィルタ(BPF)、水晶、RFスイッチ、PA、およびわずかの受動部品のみです。

MAX2837は、レシーバとトランスミッタの両方用にモノリシックフィルタを内蔵しているため外部SAWフィルタがまったく不要です。ベースバンドフィルタ、およびRxとTx信号パスは、厳しいノイズ指数とリニアリティ仕様に適合するように最適化されています。このデバイスは、最大2048 FFT OFDMをサポートし、1.75MHz~28MHz RFチャネル帯域幅用のプログラマブルなチャネルフィルタを実装しています。このトランシーバのTx-Rxスイッチング所要時間は、周波数トランジェントセトリングを含め、わずか2µsです。このICは、わずか6mm x 6mm x 0.8mmの小型48ピンTQFNパッケージで提供されます。
MAX2837:ブロックダイアグラム/標準動作回路 MAX2837:ブロックダイアグラム/標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 広帯域動作:2.3GHz~2.7GHz
  • 完全なRFトランシーバ、PAドライバ、および水晶発振器
    • 送信パワー:0dBmリニアOFDM
    • Txスペクトル放射マスク:-70dBr
    • Rxノイズ指数:2.3dB
    • Tx/Rx I/Q誤差とLOリーク検出
    • -39dBcの総合位相ノイズのモノリシック低ノイズVCO
    • プログラマブルなRx I/Qローパスチャネルフィルタ
    • プログラマブルなTx I/Qローパスアンチエイリアスフィルタ
    • ステップサイズが20Hzの、シグマ-デルタフラクショナルN PLL
    • Txの利得制御範囲:45dB
    • 受信の利得制御範囲:94dB
    • アナログRSSI瞬間ダイナミックレンジ:60dB
    • 4線式SPIのディジタルインタフェース
    • I/Qアナログベースバンドインタフェース
    • ディジタル調整の水晶発振器
    • 内蔵ディジタル温度センサ読取り
  • トランシーバ電源:+2.7V~+3.6V
  • 低電力シャットダウン電流
  • 小型48ピンTQFNパッケージ(6mm x 6mm x 0.8mm)

アプリケーション/用途

  • 802.16-2004固定WiMAX®
  • 韓国WiBroおよび802.16eモバイルWiMAX
  • Dual Mode WiMAX/802.11b/g WiFi
  • 専用ワイヤレスブロードバンドシステム
  • 4G/LTEシステム

MAX2837EVKIT: MAX2837の評価キット
信頼性レポートをリクエスト: MAX2837 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
リファレンス回路4274WiBro Reference Design with the MAX2837
評価ボード5623MAX2837EVKIT MAX2837の評価キット