先頭に戻る

2.4GHz~2.5GHz、PA内蔵、802.11g RFトランシーバ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for RF Transceivers > 1GHz
Duplex Method OFDM
Frequency Range (MHz) 2400 to 2500
Inputs 1 Rx
Outputs 1 Tx
Tx OIP3 Power (dBm) (max) 18.5
Rx Noise Figure (dB) 2.6
Package/Pins TQFN/48
Budgetary
Price (See Notes)
4.72
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for RF Transceivers > 1GHz
Duplex Method OFDM
Frequency Range (MHz) 2400 to 2500
Inputs 1 Rx
Outputs 1 Tx
Tx OIP3 Power (dBm) (max) 18.5
Rx Noise Figure (dB) 2.6
Package/Pins TQFN/48
Budgetary
Price (See Notes)
4.72

主な特長

  • ISM帯域動作:2.4GHz~2.5GHz
  • IEEE 802.11g/b対応(54Mbps OFDMおよび11Mbps CCK)
  • 総合RFトランシーバ、PA、および水晶発振器(MAX2831)
    • クラス最高のトランシーバ性能
    • レシーバ電流:62mA
    • Rxノイズ指数:2.6dB
    • Rx感度:-76dBm (54Mbps OFDM)
    • I/Qのキャリブレーション不要
    • I/Q Rxの利得/位相不平衡:0.1dB/0.35°
    • 利得制御範囲:33dB (RF)、62dB (ベースバンド)
    • RF利得設定当り60dBの範囲のアナログRSSI
    • 高速Rx I/Q DCオフセットセトリング
    • プログラマブルなベースバンドローパスフィルタ
    • ステップサイズが20Hz以下の20ビット、デルタシグマ、フラクショナルN PLL
    • ディジタル調整の水晶発振器
    • 送信パワー:+18.5dBm (54MbpsのOFDMの場合は5.6%のEVM)
    • Tx利得制御範囲:31dB
    • パワー検出器内蔵(MAX2831)
    • シリアルまたはパラレル利得制御インタフェース
    • キャリブレーション不要の40dBを超えるTx側帯波抑制
    • Tx/Rx I/Q誤差検出
  • トランシーバは+2.7V~+3.6Vで動作
  • PAは+2.7V~+4.2Vで動作(MAX2831)
  • 低電力シャットダウンモード
  • 小型48ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm x 0.8mm)

アプリケーション/用途

  • 汎用2.4GHz ISM無線
  • Wi-Fi、PDA、VoIP、および携帯端末
  • ワイヤレススピーカおよびヘッドフォン

説明

MAX2831/MAX2832はダイレクトコンバージョン、ゼロIF、RFトランシーバで、2.4GHz~2.5GHzの802.11g/b WLANアプリケーション専用に設計されています。MAX2831はRFトランシーバ機能の実装に必要な全回路を完備し、RFパワーアンプ(PA)、RF-ベースバンド受信パス、ベースバンド-RF送信パス、VCO、周波数シンセサイザ、水晶発振器、およびベースバンド/制御インタフェースを備えています。MAX2832は、PAを除き、同じ機能ブロックを内蔵しています。両デバイスとも、20Hz以下の周波数ステップ付きの高速セトリング、デルタシグマRFシンセサイザと、低コスト水晶を使用可能なディジタル調整の水晶発振器を内蔵しています。また、これらのデバイスは、DCオフセットキャンセルと、I/Q誤差/キャリアリーク検出回路も内蔵しています。802.11g/b WLANの総合RFフロントエンドソリューションを構築するのに必要なのは、RF帯域通過フィルタ(BPF)、水晶、RFスイッチ、およびわずかな受動部品のみです。

レシーバとトランスミッタにモノリシックフィルタを内蔵することによって、MAX2831/MAX2832には外付けSAWフィルタが全く不要です。ベースバンドフィルタは、IEEE® 802.11g規格と、40MHzのチャネル帯域幅までの独自のターボモードに適合するように最適化されています。これらのデバイスは、802.11g OFDMデータレート(6Mbps~54Mbps)および802.11b QPSK/CCKデータレート(1Mbps~11Mbps)の全範囲に適合しています。これらのICは、わずか7mm x 7mm x 0.8mmの小型、48ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX2831、MAX2832:標準動作回路 MAX2831、MAX2832:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。