先頭に戻る

ユニバーサルGNSSレシーバ

高性能、GPS、GLONASS、Galileo、およびBeiDou RFレシーバ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for GPS Receivers
Ref. Clock Freq. (MHz) 8 to 32
IF Output Bits (CMOS) 1 to 3
Noise Figure (dB) (typ) 1.4
VSUPPLY (V) 2.7 to 3.3
ISUPPLY (mA) 25
End Equipment BeiDou
GLONASS
GPS
Gailileo
Solutions Cellular Handsets
Personal Navigation Devices
Smart Phones
Band/ Freq. (MHz) 1550 to 1610
Footprint (mm x mm) 5.0 x 5.0
Package/Pins TQFN/28
Budgetary
Price (See Notes)
0
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for GPS Receivers
Ref. Clock Freq. (MHz) 8 to 32
IF Output Bits (CMOS) 1 to 3
Noise Figure (dB) (typ) 1.4
VSUPPLY (V) 2.7 to 3.3
ISUPPLY (mA) 25
End Equipment BeiDou
GLONASS
GPS
Gailileo
Solutions Cellular Handsets
Personal Navigation Devices
Smart Phones
Band/ Freq. (MHz) 1550 to 1610
Footprint (mm x mm) 5.0 x 5.0
Package/Pins TQFN/28
Budgetary
Price (See Notes)
0

主な特長

  • GPS/GLONASS/Galileo/BeiDouシステム
  • デュアル入力選択可能LNAによって個別のパッシブおよびアクティブアンテナ入力に対応
  • 1.4dBのカスケード雑音指数と110dBのカスケード利得(PGAの利得制御範囲:59dB)
  • アクティブアンテナセンサー内蔵
  • VCO内蔵のフラクショナルNシンセサイザ
  • 外付けIF SAWまたはディスクリートフィルタが不要
  • 設定可能なIF周波数
  • 設定可能な2.5MHz、4.2MHz、9.66MHzのIF帯域幅と9MHz ZIF LPF帯域幅
  • SPIが利用不可の場合の8つの設定済みデバイス状態
  • 出力クロック駆動能力:40pF
  • 28ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)
  • AEC-Q100車載認定バージョンのMAX2769Bも提供

アプリケーション/用途

  • デジタルスチルカメラおよびカムコーダ
  • 車載用ナビゲーションシステム
  • ラップトップおよびネットブック
  • 位置情報対応型携帯電話
  • ナビゲーションシステム、船舶/航空機ナビゲーション
  • PND (パーソナルナビゲーションデバイス)
  • ソフトウェアGPS
  • テレマティクス(資産トラッキング、在庫管理)

説明

MAX2769Cは、単一チップでGPS、Galileo、BeiDou、およびGLONASS衛星システムのL1/E1、B1、G1帯域をカバーする、次世代のグローバルナビゲーション衛星システム(GNSS)レシーバです。このシングルコンバージョンGNSSレシーバは、産業用およびモバイルハンドセットを含む広範な民生用アプリケーションに対応する高性能を提供するように設計されています。

マキシムの最先端の低電力SiGe BiCMOSプロセス技術に基づいて設計されたMAX2769Cは、低コストで最高の性能と集積度を提供します。チップには、デュアル入力LNAおよびミキサと、それに続くイメージ除去フィルタ、プログラマブルゲインアンプ(PGA)、およびマルチビットADCを含む、完全なレシーバチェーンが内蔵されています。このレシーバの総カスケード雑音指数は、わずか1.4dBです。さらに、このデバイスはVCO、水晶発振器、各種リファレンス周波数を使用してLO周波数を設定するためのフラクショナルN周波数シンセサイザを内蔵しています。

MAX2769Cは、個別のアクティブおよびパッシブアンテナ入力用に2つのLNAの1つを選択するオプションを備えています。LNA1はパッシブアンテナ入力とともに使用可能で、LNA2はアクティブアンテナ入力用に使用することができます。また、MAX2769Cは、モノリシックフィルタを内蔵することによって外付けのIFフィルタがまったく不要となり、少ない外付け部品数のみで、完全な低コストGPS RFレシーバソリューションを構成することができます。さらに、このデバイスはSPIインタフェースを使用してIFフィルタをさまざまな中心周波数と帯域幅に設定することができるフレキシビリティを備えています。

このデバイスは、業界で最もフレキシブルなレシーバです。内蔵のデルタシグマフラクショナルN周波数シンセサイザによって、ホストシステムで利用可能な任意のリファレンスまたは水晶周波数で動作しながら、±30Hz以内(fXTALが32MHz以下の場合)の高精度でIF周波数を設定することができます。

このADCは、IとQの両方のチャネル用に1ビットまたは2ビットの量子化ビット数、またはIチャネル用に最大3ビットの量子化ビット数でCMOSロジックレベルを出力します。また、内蔵ADCをバイパスするIおよびQアナログ出力も利用可能です。

MAX2769Cは、エクスポーズドパッドを備えた28ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供されます。

デザインソリューション:Empower Wearable Electronics by Turning Down the Current ›

簡易ブロック図

MAX2769C:ブロックダイアグラム MAX2769C:ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。