MAX2720

1.7GHz~2.5GHz、VGAおよびPAドライバ付き、ダイレクトI/Q変調器


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2720/MAX2721は、ワイドバンドCDMAおよび無線加入回線(WLL)システム用に設計された低コスト、高性能のダイレクトI/Q変調器です。ダイレクトアップコンバージョンアーキテクチャは、デュアル変換アーキテクチャのデバイスと比較してシステムコスト、部品点数およびボードスペースを節約します。

MAX2720/MAX2721はI/Q変調器、可変利得アンプ(VGA)および電力アンプ(PA)ドライバを備えています。直交変調器は差動ベースバンドI/Q信号を受け入れ、RF搬送波を1.7GHz~2.1GHzの範囲(MAX2720)または2.1GHz~2.5GHzの範囲(MAX2721)で直接変調します。VGAは35dBの出力電力制御を提供します。変調器の振幅および位相バランスは、35dBcのサイドバンド抑圧および30dBcの搬送波抑圧をもたらします。これらのデバイスはLO周波数ダブラを備えており、外部LOソースが半周波数またはディセーブル時に全周波数で動作できるようにします。

MAX2720/MAX2721は単一の+2.7V~+3.3V電源で動作し、消費電流は僅か77mA (MAX2720)または86mA (MAX2721)です。スタンドアロンのPAドライバをディセーブルにすると、さらに20mAの消費電流を節約できます。さらに、低電力のシャットダウンモードは消費電流を0.1µA未満にまで削減します。この製品は、RF性能の向上を目的とした露出パドル付きの小型20ピンTSSOP-EPパッケージで提供されています。
MAX2720、MAX2721:標準アプリケーション回路 MAX2720、MAX2721:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • RF周波数範囲:
    • 1.7GHz~2.1GHz (MAX2720)
    • 2.1GHz~2.5GHz (MAX2721)
  • 統合されたI/Q変調器、LOダブラ、VGAおよびPAドライバ
  • VGA利得制御範囲:35dB
  • サイドバンド抑圧:35dBc
  • 搬送波抑圧:30dBc
  • 低消費電力
    • 77mA (MAX2720)、86mA (MAX2721)
    • PAドライバのディセーブル時は20mAの減少
  • シャットダウンモードの消費電流:0.1µA
  • 電源:単一+2.7V~+3.3V

アプリケーション/用途

  • 2.4GHzブロードバンドISM無線
  • DCS/PCS基地局
  • LMDS/MMDS
  • 広帯域CDMAシステム
  • ワイヤレスローカルループ(WLL)
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度