先頭に戻る

400MHz~2.5GHz、低ノイズ、SiGe、ダウンコンバータミキサ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 400MHz~2.5GHz動作
  • 電源:+2.7V~+5.5V単一
  • 低ノイズ指数:900MHzにおいて6.3dB (MAX2680)
  • 高三次入力インターセプトポイント(2450MHzにおけるIIP3):
    • 5.0mAで-6.9dBm (MAX2680)
    • 8.7mAで+1.0dBm (MAX2681)
    • 15.0mAで+3.2dBm (MAX2682)
  • 低電力シャットダウンモード:0.1µA以下
  • パッケージ:超小型表面実装パッケージ

アプリケーション/用途

  • 400MHz/900MHz/2.4GHz ISMバンド無線
  • 携帯電話/コードレス電話
  • IEEE 802.11およびワイヤレスデータ
  • パーソナル通信システム(PCS)
  • ワイヤレスローカルループ(WLL)

説明

MAX2680/MAX2681/MAX2682は、低電圧動作用として設計された超小型、低コスト、低ノイズのダウンコンバータミキサで、携帯用通信機器に最適です。RF入力ポートの信号は、ダブルバランスドミキサを使用してローカルオシレータ(LO)ポートの信号と混合されます。これらのダウンコンバータミキサは、400MHz~2500MHzのRF入力周波数で動作し、これを10MHz~500MHzのIF出力周波数にダウンコンバートします。

MAX2680/MAX2681/MAX2682は+2.7V~+5.5Vの単一電源で動作するため、3セルのニッカドバッテリまたは1セルリチウムバッテリで直接駆動できます。これらのデバイスは、システム性能を最適化するために、広範囲の消費電流および入力インターセプト(IIP3)を提供します。また、消費電流を0.1µA以下に低減する低電力シャットダウンモードを特長としています。IIP3と消費電流の組合せについてはフルデータシートの「選択ガイド」を参照して下さい。

MAX2680/MAX2681/MAX2682は、高周波、低ノイズの先進シリコンゲルマニウムプロセスで製造され、省スペースの6ピンSOT23パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX2680、MAX2681、MAX2682:標準動作回路 MAX2680、MAX2681、MAX2682:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。