MAX2678

GPS/GNSSフロントエンドアンプ

利得ステップ制御を備えた、2段構成ローノイズアンプソリューション


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

GPS/GNSSフロントエンドアンプICのMAX2678は、車載および船舶用GPS/GNSS衛星ナビゲーションアンテナモジュールや、アンテナからレシーバまでのケーブル損失の補償が必要なあらゆるアプリケーション用に設計されています。2つの無条件で安定したローノイズアンプ段が高利得および内蔵I/O整合回路を提供するため、必要な外付け整合部品が最小限に抑えられ、利得段の追加が不要です。このICは、2つのアンプ段の間に帯域通過型セラミックまたは表面弾性波(SAW)フィルタを配置するオプションを備えており、帯域外妨害に対する耐性を向上させることができます。また、異なるアプリケーション間のケーブル損失のばらつきを補償するために、3.4dBの利得ステップも提供されています。

このデバイスは、35dB (typ)の標準カスケード利得および25mAの消費電流で、全GNSS周波数規格にわたって動作するように設計されています。2つのLNA段によって、広範なGNSSフィルタタイプの使用が可能なため、システム設計の柔軟性を最大限にすることができます。GNSSレシーバへのケーブルを駆動する最終のRF出力ピンは、3.0V~5.25Vの範囲のDC電源を受け付ける電源接続にもなります。あるいは、DC電源はピン4に印加することもできます。

このGPS/GNSSフロントエンドアンプは、鉛フリー、10ピンTDFN表面実装パッケージ(3mm × 3mm)で提供されます。電気的性能は-40℃~+105℃の拡張温度範囲にわたって保証されます。
MAX2678:ファンクションダイアグラム MAX2678:ファンクションダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 第1アンプのノイズ指数:0.9dB
  • 高利得*:35dB
  • 利得ステップ:3.4dB
  • VCCおよびRFOUT2共用端子
  • 50Ω出力整合回路内蔵
  • AMP 2は50Ω入力整合回路内蔵
  • 電源電圧範囲:3.0V~5.25V
  • 小型(3mm × 3mm)低コストパッケージ
  • AEC-Q100認定
  • ESD保護:±2kVヒューマンボディモデル
  • 周囲温度範囲:-40℃~+105℃

*第1アンプ入力はインピーダンス整合(S11 = -10dB)。
第2アンプは高利得に設定。各アンプは段間フィルタなしでカスケード接続。

アプリケーション/用途

  • アクティブアンテナ
  • 車載用および航海用、高集積GPSレシーバ

スペックパラメータを参照する: Low-Noise Amplifiers (42)


Part NumberRF Freq.
(MHz)
RF Freq.
(MHz)
Noise Figure
(dB)
Gain
(dB)
Input IP3
(dBm)
OIP3
(dBm)
ISUPPLY
(mA)
Footprint
(mm x mm)
Package/PinsBudgetary
Price
(min)(max)(See Notes)
MAX2678 15751575134.8-125253.0 x 3.0
TDFN/10
$1.20 @1k

価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

MAX2678EVKIT: MAX2678の評価キット
信頼性レポートをリクエスト: MAX2678 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
評価ボード9297MAX2678EVKIT MAX2678の評価キット