MAX2648

5GHz~6GHz、ローノイズアンプ、6ピンUCSP

業界最小の5GHz SiGe LNA、2dB NFを提供


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2648は、IEEE® 802.11aおよびHiperLAN2規格に基づく5GHzワイヤレスLANシステム用に設計された高直線性シリコンゲルマニウム(SiGe)ローノイズアンプ(LNA)です。高利得、低ノイズおよび高直線性を特長とする本デバイスは、第1段LNA、LOバッファまたはトランスミッタドライバアンプとして最適です。この多目的アンプは、17dBの利得、1.8dBのノイズ指数、および0dBmの入力3次インターセプトポイント(IIP3)を提供する一方、電流消費は僅か12mAです。

MAX2648は、高周波数アプリケーション用に最適化された低ノイズ、高度SiGeプロセスを基にして設計されており、+2.7V~+3.6Vの電源範囲で動作します。このデバイスは6個の半田バンプ付超小型(1.0mm x1.5mm)の2x3チップスケールパッケージ(UCSP™)で提供されています。
MAX2648:標準アプリケーション回路 MAX2648:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 広帯域動作:5GHz~6GHz
  • 低ノイズ指数:5.25GHzで1.8dB
  • 高利得:17dB
  • 高IIP3:0dBm
  • 単一電源動作:+2.7V~+3.6V
  • パッケージ:1.0mm x 1.5mmのチップスケールUCSP

アプリケーション/用途

  • 5GHz ISM
  • ETSI HiperLAN2
  • IEEE 802.11a無線LAN
  • マイクロ波無線
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度


種類 ID タイトル
評価ボード2506MAX2648EVKIT MAX2648の評価キット