先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX2640MAX2641の評価キット Feb 01, 1999

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • MAX2640/MAX2641の評価が容易
  • 単一電源動作:+2.7V~+5.5V
  • RF入出力は900MHzで50Ωにマッチング(MAX2640)
  • RF入出力は1900MHzで50Ωにマッチング(MAX2641)
  • 全ての重要な周辺部品付き

アプリケーション/用途

  • 400MHz/900MHz/2.4GHz ISMバンド無線
  • セルラおよびPCS携帯電話
  • コードレス電話
  • GPSレシーバ
  • ワイヤレスデータ
  • ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)

説明

MAX2640/MAX2641の評価キット(EVキット)はMAX2640/MAX2641ローノイズアンプ(LNA)の評価作業を容易にします。サポート回路なしでRF性能のテストが可能です。RF試験機器との接続を容易にするために、信号入出力にはSMAコネクタが使用されています。

MAX2640のEVキットはMAX2640を使って実装されており、RF周波数900MHz用に最適化された入出力マッチング部品が使用されています。MAX2641のEVキットはMAX2641を使って実装されており、RF周波数1900MHz用に最適化された入出力マッチング部品が使用されています。全てのマッチング部品を変更することにより、MAX2640は400MHz~1500MHzの、MAX2641は1400MHz~2500MHzのRF周波数にマッチングさせることができます。他の周波数のマッチングネットワークを設計するにあたっては、MAX2640/MAX2641データシートの表1~表4でデバイスのSパラメータおよびノイズパラメータを参照して下さい。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX2640MAX2641の評価キット Feb 01, 1999

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。