MAX2601

900MHzアプリケーション用、3.6V、1W RFパワートランジスタ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2601/MAX2602は、3セルのNiCd/NiMHまたは1セルのLiイオン電池で駆動されるポータブルセルラおよびワイヤレス機器用に最適化されたRFパワートランジスタです。これらのトランジスタは、コンスタントエンベロープアプリケーション(FM、FSK等)用にバイアスされた場合に、3.6V電源から効率58%で1W RF電力を出力します。NADC動作(IS-54)の場合、これらの素子は4.8V電源動作時に29dBm (ACPR -28dBc)を出力します。

MAX2601は、高性能シリコンバイポーラRFパワートランジスタです。MAX2602は高性能シリコンバイポーラRFパワートランジスタと、このパワートランジスタの熱特性およびプロセス特性にマッチングさせたバイアスダイオードを内蔵しています。このダイオードは、温度が変化してもパワートランジスタのコレクタ電流を正確に制御するバイアスネットワークを構成するために使用されます。

MAX2601/MAX2602は、ディスクリートまたはモジュールパワーアンプの最終段として使用できます。シリコンバイポーラ技術により、GaAsFETパワーアンプで必要とされる電圧インバータおよびシーケンシング回路が省けます。さらに、MAX2601/MAX2602をターンオフするためにドレインスイッチを必要としません。これにより、システムの寿命末期バッテリ電圧が低くなることおよびドレインスイッチ機器による電力消費が省けることによる2つの理由により、動作時間が増加されます。

MAX2601/MAX2602は、放熱強化型8ピンSOパッケージで提供されています。温度範囲は拡張用(-40℃~+85℃)のものが用意されています。
MAX2601、MAX2602:ピン配置 MAX2601、MAX2602:ピン配置 拡大表示+

主な特長

  • 低電圧:Liイオン電池1個またはNiCd/NiMH電池3個で動作
  • 動作範囲:DC~マイクロ波
  • 出力電力:1W (900MHz)
  • 高精度バイアス用のダイオードを内蔵(MAX2602)
  • 低コストシリコンバイポーラ技術
  • 負バイアスや電源スイッチが不要
  • 高効率:58%

アプリケーション/用途

  • 915MHz ISMトランスミッタ
  • AMPS携帯電話
  • CDPDモデム
  • デジタル携帯電話
  • 移動無線
  • マイクロセルラGSM (パワークラス5)
  • ナローバンドPCS (NPCS)
  • 2-Wayページャ

スペックパラメータを参照する: Power Amplifiers/Drivers (7)


Part NumberFreq.
(MHz)
Freq.
(MHz)
POUT
(dBm)
Efficiency (%)Footprint
(mm x mm)
Package/PinsBudgetary
Price
minmaxSee Notes
MAX2601 0100029584.9 x 6.0
SOIC (N)/8
$2.51 @1k
MAX2602 
SOIC (N)/8
$2.64 @1k

価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

MAX2602EVKIT: MAX2601、MAX2602の評価キット
信頼性レポートをリクエスト: MAX2601 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX2223
超広帯域、ダイレクトコンバージョン、Lバンド衛星チューナ

  • 周波数範囲:925MHz~2175MHz
  • モノリシックVCO
  • 広ダイナミックレンジ:-75dBm~0dBm