MAX2557A

マルチバンド、マルチモードRF-ビットCDMAフェムト基地局無線レシーバ

1x/EVDO cdma2000アプリケーション用、デジタルインタフェース付き、業界初フェムト基地局チップセット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2557Aは、バンドクラス0および1のcdma2000® 1x/EVDOフェムト基地局用の完全ダイレクトコンバージョンRF-ビットレシーバです。このデバイスは、専用の受信経路を備え、両バンドにおけるフォワードリンクアクティビティの監視を可能にします。

MAX2557A特有のRF-ビットアーキテクチャは、50Ωに内部整合された入力/出力を備えた4つのLNA、直交ミキサ、ベースバンドアンチエイリアスフィルタ、設定可能な利得のRFおよびベースバンドアンプ、フラクショナルN RFシンセサイザ、RF VCO、ADCサンプリングクロック用フラクショナルN周波数シンセサイザ、および広いダイナミックレンジI/Q連続時間型シグマ-デルタADCを内蔵しています。シグマ-デルタ変調器は、1ビットのディジタルストリームへのI/Qアナログ-ディジタル変換を実行します。設定可能なLVDSタイプのインタフェースとそのフラクショナルNクロック生成システムを使用して、データがベースバンド/DSPに転送され、そこで、MAX-PHYディジタルセクションの定義に準拠して、最終的なデシメーション、イコライゼーション、およびディジタルチャネルフィルタリングが実行されます。ディジタルIPブロックはマキシムから入手可能です。MAX2557Aの動作モードは、3線式シリアルバスによって設定可能です。

MAX2557Aは、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されており、エクスポーズドパッド(EP)を備えた、7mm x 7mm x 1.4mmのfcLGAパッケージで提供されます。
MAX2557A:ピン配置/ブロックダイアグラム MAX2557A:ピン配置/ブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 完全RF-ディジタル-ビット無線レシーバサブシステム
  • 対応規格
    • cdma2000 1x/EVDOバンドクラス0および1リバースリンク
    • cdma2000 1x/EVDOバンドクラス0および1フォワードリンクの監視
  • TS25.104準拠
  • UMTS1900、UMTS850、およびCDMA干渉環境に準拠
  • 広いダイナミックレンジ連続時間型シグマ-デルタADCによって、スイッチトゲイン状態のAGC実行が容易
  • 1ビットI/QビットストリームとのMAX-PHYディジタルRxインタフェース、アナログ信号不要
  • LOおよびサンプリングクロック生成用フラクショナルN周波数シンセサイザ内蔵
  • デュアルバッファリファレンス出力によって送信ICとベースバンドDSPを駆動
  • 外付け部品制御用のシリアルインタフェースによって、設定可能なレイルトゥレイルGPO端子を制御
  • 3線式シリアルインタフェースによる動作の完全制御によって、アナログ制御信号不要

アプリケーション/用途

  • cdma2000 1x/EVDOフェムト基地局

技術資料

チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX2557A 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX2223
Ultra-Wideband, Direct-Conversion, L-Band Satellite Tuner

  • 925MHz to 2175MHz Frequency Range
  • Monolithic VCO
  • High Dynamic Range: -75dBm to 0dBm