MAX2552

バンドIII、IV、IX、およびX WCDMAフェムトセルトランシーバ、GSM監視内蔵

世界で実績のある性能と最も小型の無線設計で配備を加速


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2552は、完全シングルチップRF-ビットおよびビット-RF無線トランシーバです。このデバイスは、バンドIII、IV、IX、およびXの3GPP TS25.104フェムトセル規格に準拠しています。このデバイスは、ローバンド、ハイバンド、およびマクロセル監視用に複数の受信入力および送信出力を備えています。

この全機能内蔵のトランシーバは、外付け部品数を最小限に抑えることによって、ドングルおよびスタンドアロンフェムトセル製品の小型の無線設計を容易にします。マキシムのMAX-PHYシリアルインタフェースがICピン数の大幅な削減のために使用されるとともに、世界で実績のあるアーキテクチャが製品導入までの期間を短縮します。

このデバイスは、より高速なデータレートおよび範囲において比類のない受信ブロッカ性能と業界最小雑音指数を備えています。消費電力を最小限に抑えるために、低電力動作モードが提供されています。トランスミッタは、0dBm時の標準要件をはるかに上回るEVMを達成するように設計されています。

MAX2552/MAX2553は、すべての主要なWCDMAおよびcdma2000®バンドをカバーするピンコンパチブルトランシーバのファミリです。いずれの製品も、4線式インタフェースを介して制御されます。MAX2552は、小型TQFNパッケージ(7mm x 7mm)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。カスタム設計を簡素化するために、完全な無線リファレンスデザインが入手可能です。

主な特長

  • シングルチップフェムトセル無線トランシーバ
  • WCDMA/HSPA+バンドIII、IV、IX、およびX動作
  • TS25.104規格準拠
  • WCDMA、PCS、およびGSMマクロセル監視用の複数のLNA入力(バンドII、III、IV、V、IX、およびX)
  • 高レベルの集積化
    • LO生成用フラクショナルN周波数シンセサイザ内蔵
    • Tx SAWフィルタ不要
    • 低コストのパワーアンプ設計用のPAドライバ内蔵
    • 12ビットAFC DACによってTCXOを制御
    • 温度センサー内蔵
    • 3つの汎用出力
    • 選択可能なCMOSと低振幅出力を備えたリファレンスクロック
    • GPO3を介したPLLロック検出出力
  • レシーバ性能を最適化
    • 非常に優れた受信感度
    • 高ダイナミックレンジデルタシグマADCによって、スイッチト利得状態を備えたシンプルなAGC実装が可能
  • トランスミッタ性能を最適化
    • 利得、キャリアリーク、および側波帯抑制を出荷時に較正
    • 10ビット利得制御分解能によってより優れた電力精度を実現
    • 利得制御範囲:60dB
  • Txベースバンド入力からRxベースバンド出力へのループバック動作モード
  • MAX-PHYシリアルデジタルインタフェース
  • SPI読取り/書込み機能
  • 4線式シリアルインタフェースによる動作制御
  • 低コストのTQFNパッケージ(7mm x 7mm)

アプリケーション/用途

  • WCDMAバンドIII、IV、IX、およびXフェムトセル
信頼性レポートをリクエスト: MAX2552 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース