先頭に戻る

低コスト、 RFアップ/ダウンコンバータ、LNAおよびPAドライバ付

製品の詳細

MAX2411Aは時分割デュープレックス(TDD)通信システムにおいて、RFフロントエンド送受信機能を果たします。広範囲の周波数で動作し、約1.9GHzのRF周波数用として最適化されています。アプリケーションとしては、最もポピュラーなコードレスおよびPCSが挙げられます。MAX2411Aは、ローノイズアンプ(LNA)、ダウンコンバータミキサ、ローカルオシレータバッファ、アップコンバータミキサおよび可変利得パワーアンプ(PA)ドライバで構成されており、低価格の表面実装プラスチックパッケージで提供されています。MAX2411A特有の双方向、差動IFポートにより送受信パスにおいて同一のIFフィルタを共用できるため、コストおよび部品数が低減されています。

LNAのノイズは2.4dB (typ)で、入力3次インターセプトポイント(IP3)は-10dBmです。ダウンコンバータミキサのノイズは僅か9.2dBで、入力IP3は4dBmとなっています。イメージおよびローカルオシレータ(LO)フィルタリングは、最大の適応性が得られるようにチップ外部で実現しています。PAドライバアンプの利得は15dBで、35dB範囲で低減できます。また、消費電力は受信モードで僅か60mW、送信モードで90mWとなっており、シャットダウンモードでは0.3µW以下に低減します。

個別のシングルエンドIF入出力ポートを必要とするアプリケーションについては、MAX2410のデータシートを参照してください。受信機能だけを必要とするアプリケーションに対しては、低コストでLNA付きのダウンコンバータが用意されています(MAX2406のデータシートを参照してください)。

主な機能

  • 低コストのシリコンバイポーラ設計
  • アップコンバータ/ダウンコンバータ統合機能
  • 電源:+2.7V~+5.5V単一
  • 3.2dB複合レシーバノイズ:
    • 2.4dB (LNA)
    • 9.2dB (ミキサ)
  • 柔軟性のあるパワーアンプドライバ:
    • 18dBm出力3次インターセプト(OIP3)
    • 35dB利得制御範囲
  • 低LOドライブレベル用LOバッファ
  • 低消費電力:
    • 受信時60mW
    • フルパワー送信時90mW
  • シャットダウンモード:0.3µW
  • MAX2510/MAX2511 IFトランシーバにコンパチブルなフレキシブルパワーダウンモード

アプリケーション/用途

  • DCS1800またはPCS1900シングルモード電話
  • DECT
  • イリジウム携帯電話
  • ISMバンドトランシーバ
  • PHS/PACS
  • PWT1900
Parametric specs for RF Transceivers > 1GHz
Duplex Method TDD
Frequency Range (MHz) 800 to 2400
Inputs 1 Rx
Outputs 1 Tx
Tx OIP3 Power (dBm) (max) 18
Rx Noise Figure (dB) 3.2
Package/Pins QSOP/28
Budgetary
Price (See Notes)
$3.64 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX2411A:標準動作回路 MAX2411A:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX2411Aの評価キット(EVキット)は、MAX2411Aの評価作業を容易にします。このEVキットを使用することにより、MAX2411Aのローノイズアンプ(LNA)、受信ダウンコンバータミキサ、送信アップコンバータミキサ、可変利得パワーアンプ(PA)ドライバ、および電源管理機能を評価することができます。

詳細を見る

特長

  • 電源:+2.7V~+5.5V単一
  • RFおよびIFポートで50Ω SMA入力および出力
  • シャットダウンモードのテスト可能
  • 完全実装済み、試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for RF Transceivers > 1GHz
Duplex Method TDD
Frequency Range (MHz) 800 to 2400
Inputs 1 Rx
Outputs 1 Tx
Tx OIP3 Power (dBm) (max) 18
Rx Noise Figure (dB) 3.2
Package/Pins QSOP/28
Budgetary
Price (See Notes)
$3.64 @1k

主な機能

  • 低コストのシリコンバイポーラ設計
  • アップコンバータ/ダウンコンバータ統合機能
  • 電源:+2.7V~+5.5V単一
  • 3.2dB複合レシーバノイズ:
    • 2.4dB (LNA)
    • 9.2dB (ミキサ)
  • 柔軟性のあるパワーアンプドライバ:
    • 18dBm出力3次インターセプト(OIP3)
    • 35dB利得制御範囲
  • 低LOドライブレベル用LOバッファ
  • 低消費電力:
    • 受信時60mW
    • フルパワー送信時90mW
  • シャットダウンモード:0.3µW
  • MAX2510/MAX2511 IFトランシーバにコンパチブルなフレキシブルパワーダウンモード

アプリケーション/用途

  • DCS1800またはPCS1900シングルモード電話
  • DECT
  • イリジウム携帯電話
  • ISMバンドトランシーバ
  • PHS/PACS
  • PWT1900

説明

MAX2411Aは時分割デュープレックス(TDD)通信システムにおいて、RFフロントエンド送受信機能を果たします。広範囲の周波数で動作し、約1.9GHzのRF周波数用として最適化されています。アプリケーションとしては、最もポピュラーなコードレスおよびPCSが挙げられます。MAX2411Aは、ローノイズアンプ(LNA)、ダウンコンバータミキサ、ローカルオシレータバッファ、アップコンバータミキサおよび可変利得パワーアンプ(PA)ドライバで構成されており、低価格の表面実装プラスチックパッケージで提供されています。MAX2411A特有の双方向、差動IFポートにより送受信パスにおいて同一のIFフィルタを共用できるため、コストおよび部品数が低減されています。

LNAのノイズは2.4dB (typ)で、入力3次インターセプトポイント(IP3)は-10dBmです。ダウンコンバータミキサのノイズは僅か9.2dBで、入力IP3は4dBmとなっています。イメージおよびローカルオシレータ(LO)フィルタリングは、最大の適応性が得られるようにチップ外部で実現しています。PAドライバアンプの利得は15dBで、35dB範囲で低減できます。また、消費電力は受信モードで僅か60mW、送信モードで90mWとなっており、シャットダウンモードでは0.3µW以下に低減します。

個別のシングルエンドIF入出力ポートを必要とするアプリケーションについては、MAX2410のデータシートを参照してください。受信機能だけを必要とするアプリケーションに対しては、低コストでLNA付きのダウンコンバータが用意されています(MAX2406のデータシートを参照してください)。

簡略化されたブロック図

MAX2411A:標準動作回路 MAX2411A:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。