MAX2395

VGAおよびPAドライバ付きWCDMA準ダイレクト変調器


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2395は完全モノリシック準ダイレクト変調器ICで、WCDMA/UMTSトランスミッタ用に設計されています。準ダイレクト変調アーキテクチャによって、IF VCOおよびIFシンセサイザブロック付きのIF SAWフィルタを使用するトランスミッタに比べて、システムコスト、部品点数、および基板面積が削減されます。

MAX2395は、I/Qベースバンドフィルタ、VGA付きIF I/Q変調器、PLL付き完全モノリシックVCO、アップコンバータミキサ、RF VGA、およびパワーアンプ(PA)ドライバを内蔵しています。準ダイレクト変調器方式を採用しているため、5% (typ)のEVMおよび30dB (min)のキャリア抑制を実現しています。RF VGAおよびIF VGAは、公称90dBの出力パワー制御を備えています。外付け局部発振器は不要なため、可変デュープレクスオフセットシステムを効率的に実装することができます。

PLLは、SPI™/MICROWIRE™対応3線式シリアルバスにデータをロードすることによって、設定されます。このICは、+2.7V~+3.3Vの単一電源で動作します。これらのデバイスは、省スペースの28ピンQFNおよびThin QFNエクスポーズドパッドパッケージ(5mm x 5mm)で提供されます。
MAX2395:標準動作回路 MAX2395:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • EVM:5% (POUT = +6dBmの場合)
  • 1920MHz~1980MHzの動作
  • 単一電源動作:+2.7V~+3.3V
  • 出力パワー:+6dBm (72mAにおいて)
  • 最小自動利得制御(AGC)範囲:81dB
  • 自動ICCスロットルバックによって消費電力を最適化
  • IF SAWフィルタは不要
  • 完全モノリシックVCO付きRF PLL内蔵
  • 最小限の外付け部品点数

アプリケーション/用途

  • UMTS/EDGE電話
  • W-TDD電話
  • WCDMA電話
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度


種類 ID タイトル
評価ボード6183MAX2395EVKIT MAX2395の評価キット