MAX2388

W-CDMA、LNA/ミキサIC

W-CDMA、IMT2000、およびUMTS携帯電話用、超小型、超低電流LNA/ミキサIC


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

W-CDMAアプリケーション用に設計されたローノイズアンプ(LNA)、ダウンコンバータミキサのMAX2387/MAX2388/MAX2389は、ARIB (日本)およびETSI-UMTS (欧州)ベースのシステムに最適です。MAX2387/MAX2388/MAX2389は、超小型パッケージに、超低消費電流と超低雑音指数を備えています。

MAX2387/MAX2388は、LNA、ダウンコンバータミキサ、およびローカル発振器(LO)バッファを内蔵しています。MAX2389は、LNAおよびミキサを備えていますが、LOバッファを省くことによって消費電流を最小限に抑えています。いずれのデバイスに対しても、LNAおよびダウンコンバータミキサは、2110MHz~2170MHz帯域に最適化されています。また、いずれのデバイスも、高利得モードと低利得モードのLNA動作を備えています。MAX2387の利得ステップは32dBで、MAX2388/MAX2389の利得ステップは18dBです。いずれのICも、シャットダウンモードを備え、フロントエンドレシーバのアイドル期間にICをパワーダウンします。

ミキサの3次非リニアリティ性能は、外付けのバイアス抵抗を使用して設定されます。MAX2387/MAX2388の場合、ミキサ性能は、LOバッファ入力ポートで-10dBm (typ)駆動に最適化されています。MAX2389のミキサ性能は、LO入力ポートで-4dBm (typ)駆動に最適化されています。LOポートは、すべてのバージョンで、シングルエンドまたは差動動作に構成可能です。

これらのデバイスは、+2.7V~+3.3Vの単一電源で動作し、超小型(3mm x 3mm)、リードレスの12ピンQFNパッケージで提供されます。
MAX2387、MAX2388、MAX2389:標準アプリケーション回路 MAX2387、MAX2388、MAX2389:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 超低消費電流:10.7mA (MAX2387)、9.9mA (MAX2388)、および7.9mA (MAX2389)
  • 単一電源動作:+2.7V~+3.3V
  • ミキサNF:7dB SSB
  • 総合雑音指数:2.3dB
  • LNA低利得モードの利得ステップ:32dB (MAX2387)、または18dB (MAX2388/MAX2389)
  • ミキサIIP3:6dBm
  • シャットダウン電流:1µA以下
  • 超小型(3mm x 3mm) 12ピンQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • デュアルモードWCDMA/GSM携帯電話
  • 日本式第3世代WCDMA携帯電話
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度

SC-USB-SPI-PICO
USB-SPIインタフェースアダプタ、SC1905およびSC1894用

  • USBインタフェース接続をSC1894およびSC1905へのシリアルパラレルインタフェースに変換
  • Windows 10、Windows 7
  • USB 3.0およびUSB 2.0

SC1905
698MHz~3800MHz RFパワーアンプリニアライザ(RFPAL)

  • 標準CMOSのRFin/RFout PAリニアライザSoC
  • 外部リファレンスクロック対応:
  • 低消費電力:1280mW