MAX2335

450MHzのCDMA/OFDM LNA/ミキサ

450MHzワイヤレスソリューションに最適なフロントエンドソリューションおよびマキシムの3チップ450MHz CDMA/OFDMソリューションの一部


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

RFフロントエンドレシーバICのMAX2335は、450MHz帯域のCDMAおよびOFDMアプリケーション用に設計されています。

MAX2335は可変IIP3付きのローノイズアンプ(LNA)を内蔵し、大きな干渉信号がある場合の混変調による感度抑圧を最小限に抑制します。

このミキサは差動IF出力を備え、高リニアリティと低ノイズ用に設計されているため、CDMAおよびOFDMアプリケーションに最適です。

標準1GHz VCOを使用可能にする分周器を内蔵しています。また、1GHzより低い低周波VCO用にこの分周器をバイパスすることができます。

MAX2335はエクスポーズドパッド付き28ピンTQFNパッケージで提供され、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。また、このデバイスは鉛フリーパッケージで提供されます。
MAX2335:標準アプリケーション回路 MAX2335:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • LNAノイズ指数:1.5dB
  • LNA利得:16dB
  • カスケードノイズ指数:2.1dB
  • LNAの可変IIP3
  • トランスミッタ用LO出力バッファ
  • LO分周器
  • 5mm x 5mmの小型28ピンTQFN (鉛フリー)パッケージ
  • アプリケーション/用途

    • 450MHz帯域、WCDMA、IS-95、IS-2000、OFDM、ワイヤレスデータリンク

    技術資料

    チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン

    品質および環境データ

    信頼性レポートをリクエスト: MAX2335 
    鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

    CAD Symbols and Footprints

  • MAX2335ETI
  • MAX2335ETI+
  • MAX2335ETI+T
  • MAX2335ETI-T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度


    種類 ID タイトル
    評価ボード5111MAX2335EVKIT MAX2335の評価キット