MAX2314

VCOおよびシンセサイザ付き、CDMA IF VGAおよびI/Q復調器

完全CDMA IFサブシステム


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2310/MAX2312/MAX2314/MAX2316は、デュアルバンド、デュアルモードおよびシングルモードN-CDMAおよびW-CDMAセルラ電話機器用に設計されたIFレシーバです。信号経路は可変利得アンプ(VGA)およびI/Q復調器からなっています。これらのデバイスは、+2.7V電源動作保証、110dB以上のダイナミックレンジおよび高入力IP3 (利得35dBにおいて-33dBm、-35dBにおいて1.7dBm)といった特長を備えています。

類似する他の製品とは異なり、MAX2310レシーバファミリは自己制御されたIFサブシステムを形成するデュアル発振器およびシンセサイザを内蔵しています。シンセサイザのリファレンスおよびRF分周器は3線式シリアルバスを通じて完全に設定可能になっているため、任意のコモンリファレンスおよびIF周波数を使用したデュアルバンドシステム構造が可能です。差動ベースバンド出力はN-CDMAとW-CDMAシステムの両方に十分な帯域幅を持っており、+2.75Vの低電源電圧で飽和出力レベル2.7VP-Pを提供します。CDMA (差動IF)モードにおけるMAX2310は、低ノイズ電圧制御発振器(VCO)およびシンセサイザを含めて消費電流は僅か26mA (+2.75V電源)です。

MAX2310/MAX2312/MAX2314/MAX2316は、28ピンQSOPパッケージで提供されています。

主な特長

  • VCOとシンセサイザを含む完全IFサブシステム
  • デュアルバンド、トリプルモード動作をサポート
  • 110dB以上の利得制御範囲を持つVGA
  • 直交復調器
  • 高出力レベル:2.7V
  • プログラマブルチャージポンプ電流
  • 40MHz~300MHzの任意のIF周波数をサポート
  • 3線式プログラマブルインタフェース
  • 低電源電圧:+2.7V

アプリケーション/用途

  • Globalstarデュアルモード携帯電話
  • シングル/デュアル/トリプルモードCDMA携帯電話
  • テトラ・ダイレクトコンバージョンレシーバ
  • ワイヤレスデータリンク
  • ワイヤレスローカルループ(WLL)

技術資料

チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン
アプリケーションノート 530 MAX2310のVCOタンク設計

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX2314 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度


種類 ID PDF タイトル
チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン
アプリケーションノート 530 MAX2310のVCOタンク設計