MAX2307EVKIT

MAX2307の評価キット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2307評価キットは、MAX2307の高集積RFアップコンバータドライバの評価作業を容易にします。本キットを使用すると、追加のサポート回路なしに、全機能を簡単に評価できます。信号の入出力にはSMAコネクタを使用しており、インピーダンス50Ωの試験機器とコンパチブルです。

各EVキットは、165MHzのIF入力周波数および722MHz~760MHzのLO入力周波数で動作するように設定されたマキシムのデバイスを装備しています。各キットの出力マッチングネットワークは、887MHz~925MHzのRF出力周波数に対して最適化されています。

主な特長

  • 電源:+2.8V~+4.2V単一
  • 887MHz~925MHzの周波数範囲で50Ωにマッチングされた出力
  • ラボ試験を簡潔化:50Ωのシングルエンドにマッチングおよび変換された差動400Ω IF入力
  • 最適な部品配置
  • 製品の全機能を容易に評価
  • 重要な周辺部品を全て装備

アプリケーション/用途

  • 携帯電話基地局
  • 携帯電話
  • コードレス電話
  • ワイヤレスデータ
  • ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度