MAX2307

低電力、セルラアップコンバータドライバ

ウルトラチップスケールパッケージの低電力セルラアップコンバータドライバIC


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2307は、日本のセルラ周波数帯域に合わせて最適化された高集積RFアップコンバータドライバです。本製品は米国のセルラ帯域およびISM帯域用アプリケーションにも対応しています。MAX2307は消費電流が低いため(-15dBm出力で15mA)、平均通話時間を延長できます。

日本製セルラ電話のイメージ周波数は通常330MHz離れているため、イメージ除去には僅か2つの外部インダクタしか必要としません。このため電流を消費せず、僅か2個の安価なオフチップ部品でイメージを除去でき、コストと貴重なボード面積を節約できます。

MAX2307はLOバッファに対する個別のシャットダウン制御機能を備えているため、VCO周波数のプリングを最小限に抑えることができます。MAX2307は超小型の3x4ウルトラチップスケールパッケージ(UCSP)で提供されています。

主な特長

  • 超小型の実装サイズ
  • 低オフチップ部品数
  • -15dBmのPOUTで15mA
  • +6.5dBmのPOUTおよび-53dBcのACPRで34mA
  • シャットダウンモード:1µA以下
  • LOバッファ用の個別のシャットダウン
  • 外部ロジックインタフェース回路不要

アプリケーション/用途

  • データ収集

技術資料

チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX2307 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度


種類 ID タイトル
評価ボード2500MAX2307EVKIT MAX2307の評価キット