MAX2246

アナログ閉ループパワー制御付き、2.5GHz、22dBm/20dBmパワーアンプ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

単一電源、低電圧パワーアンプ(PA)のMAX2244/MAX2245/MAX2246は、2.4GHz~2.5GHz帯域の20dBm Bluetooth®クラス1アプリケーション用に設計されています。MAX2244/MAX2245は、20dB以上の出力電力制御範囲で22dBmのピーク出力電力を供給します。この22dBm出力電力の一部はPA~アンテナ間のフィルタ損失を補償するため、20dBmをアンテナに供給することができます。MAX2246は20dBmのピーク出力電力を供給し、消費電流を30%低減します。

このパワーアンプはパワーディテクタと閉ループ電力制御回路を内蔵し、電源電圧、温度、および入力電力レベルの全範囲にわたってほぼ一定の出力電力を供給します。さらに、アナログ制御入力の電圧によって、出力電力レベルが高精度で制御されます。

MAX2244/MAX2245/MAX2246は、シンプルなロジック入力による低電流シャットダウンモードを備えています。また、内蔵回路は電源オン/オフ時に出力電力レベルの傾斜のあるアップ/ダウンを自動制御し、Bluetoothのスプリアス輻射要件に適合しています。

これらのデバイスは、3V~3.6Vの単一電源で動作します。MAX2244/MAX2246は0.5V~2Vの電力制御電圧範囲、MAX2245は0.9V~2.2Vの制御電圧範囲を備えています。これらデバイスは超小型チップスケールパッケージ(UCSP™)で提供され、必要な基板面積が大幅に削減されます。
MAX2244、MAX2245、MAX2246:標準アプリケーション回路 MAX2244、MAX2245、MAX2246:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 動作:2.4GHz~2.5GHz
  • 温度、電源、および入力電力範囲全体にわたる高精度閉ループ出力電力制御
  • 容易なアナログ電力制御インタフェース
  • ピーク出力電力:22dBm (MAX2244/MAX2245)
  • 消費電流を30%低減した20dBmのピーク出力電力(MAX2246)
  • 帯域幅制限する電力オンオフ時傾斜付け内蔵
  • 50Ωの入力整合器内蔵
  • シャットダウン消費電流:0.5µA
  • ウルトラチップスケールパッケージ(1.56mm x 1.56mm)
  • アプリケーション/用途

    • 2.4GHzコードレス電話
    • 802.11 FHSS/HomeRF無線
    • Bluetooth®クラス1無線

    技術資料

    チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン

    品質および環境データ

    信頼性レポートをリクエスト: MAX2246 
    鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

    その他リソース

    お客様の成功事例:EDMI ›


    デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度