MAX2242

2.4GHz~2.5GHzリニアパワーアンプ

2.4GHz PA、+23dBmのリニア出力パワー


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2242は、2.4GHz ISM帯域ワイヤレスLANアプリケーション用に設計された低電圧リニアパワーアンプ(PA)です。リニア出力電力は+22.5dBm、隣接チャネル電力比(ACPR)は第1サイドローブが-33dBc以下、第2サイドローブが-55dBc以下で、3dB以上のマージンでIEEE® 802.11b 11MB/s WLAN規格に適合しています。本PAは超小型3x4チップスケールパッケージ(UCSP™、1.5mm × 2.0mm)に内蔵されているため、小型PCカードやコンパクトフラッシュカードの内蔵無線機に最適です。

MAX2242 PAは3段PA、パワーディテクタおよび電力管理回路から成ります。パワーディテクタは20dB以上のダイナミックレンジを提供し、最高の出力パワーレベルにおいて精度が±0.8dBです。このディテクタ回路を使用することにより、正確な自動レベル制御(ALC)機能が簡単に実現できます。

本PAは外部バイアス制御ピンも備えています。外部DACを使用することにより、低出力パワーレベルにおいて、十分なACPR性能を維持しつつ、電流を絞り込むことが出来ます。この結果、全てのパワーレベルにおいて最高の効率が維持されます。本デバイスは+2.7V~+3.6Vの電源電圧範囲で動作します。内蔵シャットダウン機能が動作電流を0.5µAに低減するため、外部電源スイッチは不要です。
MAX2242:標準アプリケーション回路 MAX2242:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 動作範囲:2.4GHz~2.5GHz
  • +22.5dBmリニア出力電力(ACPRは第1サイドローブが-33dBc以下、第2サイドローブが-55dBc以下)
  • 電力利得:28.5dB
  • 内蔵パワーディテクタ
  • 電流絞り込み用の外部バイアス制御
  • 単一電源:+2.7V~+3.6V
  • 0.5µAシャットダウンモード
  • パッケージ:超小型チップスケール(1.5mm × 2.0mm)

アプリケーション/用途

  • 2.4GHzコードレス電話
  • 2.4GHz ISM無線
  • HomeRF
  • IEEE 802.11b DSSS無線
  • ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
評価ボード2517MAX2242EVKIT MAX2242の評価キット