MAX2240

2.5GHz、+20dBmパワーアンプIC、UCSPパッケージ

業界最小のBluetooth PA、デジタルパワー制御を提供


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2240は、2.4GHz~2.5GHz周波数帯域のアプリケーション用に特別に設計された単一電源、低電圧パワーアンプ(PA) ICです。本PAはBluetooth®、HomeRFおよび802.11規格、そしてその他のFSK変調システムに適合しています。本PAは最大パワーモードにおいて、公称+20dBm (100mW)の出力パワーを提供します。

本PAは、出力パワーの制御を著しく単純化するデジタルパワー制御回路を備えています。+3dBm~+20dBmの範囲で、4つのデジタル制御された出力パワーレベルが提供されています。デジタル入力により、PAの動作モードをアクティブまたはシャットダウンに制御します。シャットダウンモード時には電流が0.5µAに低減します。

本ICは、RF入力マッチングと段間マッチングを集積化することにより、ICのアプリケーションを単純化しています。また、温度および電源に依存しないバイアスにより、全ての動作条件において安定した動作が得られます。

本ICは+2.7V~+5Vの単一電源電圧で動作します。負バイアス電圧は必要ありません。消費電流は、最高のパワーレベルにおいても105mAという控え目な値になっています。

パッケージはUCSP™であるため、必要なプリント基板面積が著しく小さくなっています。チップの面積は僅か1.56mm x 1.56mmです。3 x 3のハンダバンプが0.5mmのピッチで並んでいます。
MAX2240:標準アプリケーション回路 MAX2240:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 周波数範囲:2.4GHz~2.5GHz
  • 大出力パワー:+20dBm
  • 2ビットデジタルパワー制御:4出力レベル
  • 内蔵入力マッチング:50Ω
  • 低動作電流:105mA
  • 低電力シャットダウンモード電流:0.5µA
  • 単一電源動作:+2.7V~+5V
  • 超小型チップスケールパッケージ:1.56mm x 1.56mm

アプリケーション/用途

  • 2.4GHz ISM独自の無線
  • 802.11 FHSS WLAN
  • Bluetooth®
  • HomeRF
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
評価ボード2207MAX2240EVKIT MAX2240の評価キット